マリリン・マンソン、さらなる公演を中止

写真拡大

9月30日ニューヨークで開いた公演で舞台装置の下敷きとなり負傷したマリリン・マンソンが、10月22日カリフォルニアで開催される<Aftershock Festival>への出演を取り止めた。

◆<Aftershock Festival>出演中止発表

事故後、マンソンの代理人は10月2〜14日に予定していた公演を延期すると告知。次回の公演は15日を予定しているが、22日のフェスティバルがキャンセルされたことから、ステージ復帰が遅れる可能性もあるのではないかと危惧されている。現在のところ、15〜20日の公演については言及されておらず、フェスティバル出演を中止した理由も明かされていない。

<Aftershock Festival>は火曜日(10日)、「やむを得ない事情により、マリリン・マンソンとフランク・カーター&ザ・ラトルスネイクスは今年のAftershock Festivalに出演しないことになりました。公式発表はアーティストのソーシャル・メディアをチェックしてください」と告知した。フランク・カーターは先に、心の病と向き合うため、ヨーロッパに続き北米ツアーの全日程をキャンセルすると発表していた。

Ako Suzuki