北朝鮮の内閣機関紙・民主朝鮮は10日、トランプ米大統領が国連総会で行った一般討論演説を糾弾しながら、「われわれが選択した並進路線が至極正当であった」と主張する署名入りの論評を掲載した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

論評は、「国連の歴史に前例のないこの妄言はトランプ個人の意思ではなく、朝鮮を併呑し、世界を掌握しようとする米帝の腹黒い下心を代弁したものとして絶対に許せない特大型の政治的挑発である」と糾弾した。

また、「米国が世界の平和と安全問題を論議する場でまで世界に向かって公然と戦争を扇動する強権と専横を振るうのを見ながら、われわれはオオカミの本性は死ぬ時まで変わらないという歴史の真理を再び反すうしている」と述べた。

さらに、「堂々たる国連加盟国、主権国家であるわが共和国に対する体質的な拒否感を持って『完全壊滅』についてけん伝する米国のならず者、ごろつきの行為はわれわれをしてわれわれが選択した並進路線が至極正当であったということに対する確信をもっと堅くしている」と強調した。

その上で、「米国がヒステリックに振るう反共和国対決狂気はむしろ、われわれが行く道が絶対的に正しかったし、勝利につながっている自主と正義の道であることに対する明確な反証となる」と主張した。