松山英樹【写真:Getty Images】

写真拡大

CIMBは5大会連続出場、記者会見では改めて世界ランク1位への想いを語る

 米男子ツアーの2017-18シーズン第2戦「CIMBクラシック」は12日にマレーシアで開幕する。これが新シーズン初戦となる世界ランク3位の松山英樹(レクサス)は、10日の記者会見で「世界ランク1位を目指してやっている」と語り、改めてNO1への想いを明かした。

 5年連続参戦となった今大会は、松山にとって1年を占う重要な初戦。過去、2013年から25位タイ、21位タイ、5位、2位と年々成績を上げており、大会3連覇を狙うジャスティン・トーマス(米国)に真っ向勝負を挑む。

 松山はシーズン最終戦のプレジデンツカップ中に体調を崩した。最終日のマッチプレー戦でトーマスを撃破するなど最後まで戦い抜いたが、マレーシア紙「ブリタ・ハリアン」によれば、10日の練習ラウンドで実に9日ぶりにクラブを握ったという。

 PGAのV予想では、本命の昨季年間王者トーマス、世界ランク47位のブレンダン・スティール(米国)、同14位のポール・ケーシー(英国)に続いて4位に挙げられているが、公式サイトで公開された記者会見動画で松山は、世界ランク1位に到達するために必要な“変化”について話している。

「世界ランク1位を目指してやっている。今週より良いプレーをして活路を見出したい。今はNO1になるためには足りないことだらけですが、いろいろと試行錯誤をしている段階で、その中でベストを尽くしていければ、世界1位への挑戦権も手に入れることができると考えています」

 昨季はツアー3勝を挙げるなど世界ランク3位まで上り詰めた一方で、初のメジャータイトルには手が届かず。8月の全米プロゴルフ選手権では、トップで迎えたサンデーバックナインでトーマスに逆転優勝を許し、悔し涙を流した。しかし、“足りない部分”の試行錯誤が結実した時、NO1への挑戦権が掴めると松山は考えている。

 ブリタ・ハリアン紙は「マツヤマはトーマスを止めることを渇望」と見出しを打ち、「自分のプレーを取り戻して、日曜日(最終日)におもしろい順位にいられるようにしたい」とのコメントを紹介した。

「ストップ・ザ・トーマス」を果たし、最高のスタートを切れるか。“世界のマツヤマ”の新たな1年が幕を開ける。