9日、香港・経済日報によると、中国の若い女性観光客の間で、日本土産に折り畳み傘を買うケースが増えている。「安くて壊れにくい」と人気だ。

写真拡大

2017年10月9日、香港・経済日報によると、中国の若い女性観光客の間で、日本土産に折り畳み傘を買うケースが増えている。「安くて壊れにくい」と人気だが、香港メディアは「日本で売られていても中国製なのに」と皮肉交じりに伝えている。

日本メディアによると、中国人観光客の「爆買い」の対象は家電だけではなくなった。最近では若い中国人に日本の折り畳み傘が人気だ。銀座のある老舗傘店では、中国人客の増加を受け、最近中国語での接客を始めた。同店によると、中国人客は昨年増え始め、今年は前年比2割増の売り上げを見込んでいるという。国慶節(建国記念日)連休中は毎日50本売れた。中国人客は「この店の傘は丈夫で値段も手ごろ」と買っていくという。

日本の傘メーカーの1つは「折り畳み傘の売れ行きは好調。昨年は前年比2割増の38億円を売り上げた。日本の若い女性が傘と傘袋を合わせるなど、生活を楽しむ意識がある。中国でも折り畳み傘はあるが、デザインはシンプルで安いものが多い。日本の細やかなデザインが好まれているようだ」と分析している。(翻訳・編集/大宮)