交通カードへの入金もスマホから(写真:筆者提供)

「あ、そうだ。ここは日本だった! 日本じゃまだ現金しか使えないところが多いんだったっけ」

「日本はこういうところはけっこう遅れているんだよね〜」

東京・銀座で買い物をしていたときのこと。レジの前でおしゃれな中国人夫婦が小声で会話していたのが聞こえてきた。

2人とも左手にたくさんの買い物袋を持ち、右手でスマホを握りしめている。中国の都市部で頻繁に使われている電子決済アプリ、ウィーチャットペイ(WeChat Pay)を使って支払おうとしたようだったが、日本ではまだ電子決済できない店が多い。そのことをハッと思い出したようだ。

「やっぱり今、中国から日本にやってきたら、そりゃ、こういうふうに感じるだろうな」と苦笑しつつ、私はついついその夫婦に近寄り、聞き耳を立ててしまった。

中国は「超キャッシュレス社会」へと変貌した

日本でも今年の初めごろから大きく報道されるようになった中国人のスマホ電子決済。2016年のスマホ決済額は中国全体で前年比倍増の600兆円に達し、スマホ決済は人口13億7000万人の中国で、およそ8億人に達している。スマホの普及率も、米メディアの2016年の調査では日本が39%であるのに対し、中国は58%。今や北京や上海で財布から現金を出して払っている人といえば、老人か外国人旅行者ばかりだ。昨今では無人のコンビニや、レストランでの会計も「店員不要」で、自分でスマホ決済できる店さえ増えている。中国は大都市だけでなく内陸部でも、スマホ1台さえあれば、交通でも、食事でも、どんな支払いだって決済アプリで簡単にできてしまう「超キャッシュレス社会」に変貌してしまった。

だから、中国に久しぶりに出かけた人はみんな「うわ〜中国すごい!」となる。2〜3年前からスマホ決済はかなり増えていたが、シェア自転車やら、無人支払い機やら、何だかよくわからないことまでスマホで瞬時にできるようなって「キャッシュレス化」に拍車がかかっている。日本では見かけないものばかりであるため、出張や旅行から帰ってきた人は「中国すごい!」となる。私も最初はその1人だったが、日中を往復する、ある中国人の友人にその話をしたところ、「えっ?」と驚くような意外な答えが返ってきた。

「私はそうは(中国すごいとは)思わないですけどね。ちょっと行きすぎの感がありますよ。このままいけば、中国はどうなっちゃうんだろう? 私はかえって現金社会の日本のほうが、落ち着いていてうらやましいですけどね」

「えっ? 日本のことがうらやましいって? どういうこと?」。私は思わず聞き返した。今の自信満々の中国人で、まさかそんなことをいう人がいるのだろうか?とびっくりしたからだ。

真意はどういうことだろうか? 友人は続ける。

スマホが社会のインフラに


ジュースの自動販売機もスマホの電子決済(写真:筆者提供)

「中国はこれまであまりにも不便で、あらゆる面で遅れていたからこそ、ここまでスマホ決済が急速に発達した。既存のインフラがない、あるいはあっても不十分だったから、新しいサービスが普及する余地があって、その便利さにみんなが飛びついて爆発的にここまで広がったんです。つまり、中国の場合、スマホ自体が社会のインフラになったんですよ」

「スマホが社会のインフラになった?」

「そうです。だから、この国ではスマホを使わなければ生きていけない。スマホありきの前提で世の中が動いているから、70代、80代の老人だってスマホを使わなければならない。今、銀行が混んでいるのは年金の支給日くらいでしょ? スマホを使えない老人が行くだけで、ATMの前にもまったく人がいない。誰も財布を持たなくなった。スマホがなければ、タクシーにも乗れない。こりゃ、大変ですよ」

「40年前から社会のインフラが整っていた日本では、家の電話で連絡ができました。中国のように偽札が出回っていたわけでもなく、現金のやりとりで騙される危険性も低いから、スマホ決済する必要もない。キャッシュレス・エコノミーがこれだけ世の中で話題になっていても、日本にいるとその必要性をあまり感じない。なぜか? 日本社会は日本人が想像している以上に安心、安全。日本は社会と人とが信頼し合える相互信頼社会だからです」

「えっ?」

「今は中国のIT革命に目を奪われ、一部の日本人が『日本は完璧に後れを取ってしまった……』と心配している。中国人の中にも、日本が歩んできた経済発展の過程をよく知らないから、中には自分たちの国(中国)はさっさと日本なんか追い抜いたんだ、と思っている人もいます。そう思ってしまうのはある程度仕方がないかもしれない。中国は確かにある面は本当に一気に発展しましたから。でも、それは一面にすぎない。中国と日本の生活環境は根本的に大きく異なっている。その環境の違いを理解しないで、どっちが発展している、どっちが遅れている、と論ずるのはおかしい、と私は思っています」

私は目からウロコが落ちた。中国は不便だったからこそ逆に飛躍的にスマホというインフラが普及し、ある面で日本を飛び越えてしまった、という話に強く納得した。いわゆる「リープフロッグ(かえる飛び)現象」が起こったのだ。

そして、中国がかえる飛びをした要因ともいえるが、自分がこれまで中国に滞在していたときに感じた「不便な出来事」を思い出した。

たとえば私が以前、よくイラっとしたのは地下鉄の券売機だった。今ではプリペイドの交通カードが導入され、入金もスマホからチャージできるので問題ないが、数年前までは券売機に現金を入れて切符を買っていた(私の記憶では、北京では6〜7年前まで、券売機の感度があまりにも悪いせいか、券売機の前に切符を手売りする駅員が立っていた)。

不便な地下鉄の券売機

北京や上海の地下鉄の券売機は、不思議なことに、コインだけ、紙幣だけ、両方とも使えるものの3種類ある。券売機の上の電光掲示板に「coin only」などと、ご丁寧に中国語と英語の表示まである。また、とても不思議なのだが、コインしか使えない券売機にも紙幣の投入口があるので、よく見ないで紙幣を入れるとすぐに戻ってきてしまう。また、感度も悪く、コインを入れたあと無反応だった場合は、40年前の日本のテレビのように、ドンドンと叩いてみたら直ったりした。

当時、すでに中国はかなり発展していたのに、なぜこんなにも不便なのか、私はいつも疑問に感じていた。北京の地下鉄のように古い券売機ならまだしも、今年5月に大連に行った際、2015年に開通したばかりの大連の地下鉄で券売機を使ったが、まったく同じ機械で1つも改良されていなかった。

日本では顧客が利用する設備や機械を随時リニューアルし、企業にとってコストをかけるのは当たり前だという認識がある。だが、中国では利益が先に立つため、まだそこまでの経費をかけようという動きは少ない。また、「お客様のため」という考え方も、そもそもあまり浸透していないのが実情だ。だから、技術力の問題とは関係なく、古い設備がいつまでも残ってしまう。また、使う中国人の側も「不便」だと思うのは海外生活を経験した人くらいで、一般の人は不便だともあまり感じていないし、「改善」を求める声もあまり湧き上がってこない。ずっとそうだったからだ。

中国の紙幣は1元、5元、10元、20元、50元、100元札があり、1元と1元以下には硬貨もある。これだけたくさんの種類のおカネがあるのに、券売機(飲み物などの自販機も含めて)で使える紙幣は5元札と10元札だけで、あまりにも少なすぎる。日本では150円の切符を買うのに1万円札を入れてもお釣りが出てくるが、中国では100元札が入れられる機械はなかった。だから、スマホから交通カードに入金できたり、スマホで4元や5元のジュースが買えるようになって飛躍的に便利になった(こんなに便利になって初めて、中国人もこれまでいかに不便な生活を強いられていたのか、痛感したはずだ)。

不便という意味では、今、中国の都市部で大流行しているシェア自転車も、スマホで決済することを前提に開発された新しい交通手段だが、これも、ここまで短期間に普及し、人々に受け入れられたのは「これまでの移動はとても不便だった」ことが背景にある。


シェア自転車はスマホの電子決済で(写真:筆者提供)

北京や上海などの大都市では、いまや都心に家を買おうと思ったら“億ション”は当たり前だ。必然的に家は郊外で買うか、借りるか、ということになるが、たいていの場合、都心の勤務先から地下鉄に乗って最寄り駅で降り、そこからバスに乗り換えたり、さらにバス停から15分以上歩いたり、という不便な立地で生活をしている人が少なくない。

そうした中、シェア自転車は、デポジットはかかるものの、通常は30分乗っても10円程度の料金で利用できるため(しかも、スマホ決済なので小銭は不要)、徒歩10分以上の距離に利用する人が多く、ここまで爆発的に普及したのだ。だから、交通網が整備され、郊外の生活圏がここまで大きくない日本とは、単純に比較できない。

中国の紙幣は汚い

不便というのとは少し違うが、紙幣といえば、以前は中国の紙幣の汚さに閉口した。30年近く前から中国に通っていた私は「汚いのが当たり前」と思い、ここ数年メキメキときれいになっていく紙幣を見て喜んでいたが、中国人の友だちに聞いてみると「あんなに汚い手垢だらけの紙幣、以前から触りたくなかった。スマホ決済になって、財布や紙幣を使わなくなって、はっきりいってスッキリした!」という声が返ってきてびっくりした。

近年ではさすがにおカネを財布に入れずに持ち歩く中国人は見かけなくなったが、十数年前までは財布を使っている中国人(特に男性)をあまり見かけなかった。数枚の紙幣を折りたたんで無造作にポケットに入れている人が多かった。そのせいか、紙幣はいつも汚くてボロボロ。特に1元札や10元札はヨレヨレ、フニャフニャで、まるでゴミと見間違うようだった。以前、来日した中国人の友人が、日本のピーンとした張りのある紙幣を見て感心したと言っていたのはそうした現状があったからだった。

もう1つ、紙幣といえば、中国で切っても切り離せないのが偽札問題だ。スマホ決済が普及して、多くの中国人は「あぁ、よかった。もうこれで偽札をつかまされる心配がなくなった」と内心ホッとしたのではないだろうか。

日本では考えられないが、中国では偽札はかなり身近な存在だった。2015年の秋、中国で新紙幣(100元札)が発行されて話題となったが、発行直後から偽札問題も浮上した。私も友だちが真夜中のタクシーの中ですり替えられたという偽札を見せてもらったことがある。

中国で暮らしていると、いつ、どこで偽札を手にするかわからない不安や心配がつきまとう。たとえ偽札だと知らなくて使っても、もし持っていることが判明したら通報される恐れもある。だからつねに神経を尖らせるのだ。たとえば、現地の小学校で教材費を集めるとき、紙幣の下に書いてある通し番号をメモして学校に提出する。これは中国ではずっと当たり前のように行われてきたことだ。万が一、偽札が発見されたら、誰が提出した紙幣か追跡できるようにするためだ。

友人同士でハイキングに行くときも集金をするが、幹事が偽札識別ライトを持参して1枚1枚チェックしていた。十数元程度のおもちゃのようなライトだが、光を当てると偽札かどうかわかるのだそうだ。噓みたいなホントの話だが、スマホ決済が普及する以前、中国人は偽札チェックを怠れない不安な生活を送っていた。

しかし、スマホ決済が急速に普及したことによって、明らかに偽札の出番は少なくなったし、そもそも紙幣を持つ必要性がなくなり、インフラが不十分などの問題も一挙に自然解消へと向かっている。また、副産物的なよい効果として、賄賂も渡しにくくなっている。紙幣を誰かに手渡すのであれば“足跡”が残らないが、スマホからの送金は必ず“足跡”が残る。個人間の送金も含め、すべての取引が記録に残り、明白になるからだ。

それに、スマホ決済がこんなに発展するまでは、連休前には空港やターミナル駅、観光地での券売所などはどこに行っても人、人、人でごった返し、つねに「爆列」「爆混み」。身動きが取れないのが中国では「普通」だった。横入りなどもあるし、体臭や人混みでクラクラした。だが、スマホで事前購入できたり、遅延の連絡が事前にきたりするようになって、混雑は少し緩和された。

誰でも平等に使えるスマホが受け入れられ、普及した


このように、不便すぎる生活がスマホによるIT革命によって一挙に改善された。中国は広大なので、最低限のインフラを全国の主要都市に配置するだけでも莫大な費用がかかる。だが、だからこそ、使いこなせれば誰でも平等に使えるスマホが社会のインフラとなり、スマホから簡単に決済できるアプリがここまで人々に受け入れられ、普及したのだろう。日本とは根本的に生活環境が異なっている、というのは、こういうことだったのだ(ちなみに、中国のスマホ決済は、NFCと呼ばれるJR東日本の「Suica」のようなかざすタイプではなく、QRコードでスキャンするタイプが圧倒的に多い)。

先日、東京で4年ほど暮らしている中国人からこんなエピソードを聞いた。たまにしか中国に帰省しない彼は、故郷に住む弟の誕生日に「日本のいい財布を買って送ってあげようか」とウィーチャットからメッセージを送った。喜ぶかと思いきや、弟は「お兄さん、……悪いんだけど、中国人はもう財布なんか使わないよ」と言われて笑ってしまったそうだ。

もしかしたら、現代ではスマホが中国特有の“現金のリスク”を解消してくれる、かつてないツールであり、リスクヘッジ・ツールの1つなのかもしれない。そのことを中国人は潜在的に察知し、スマホがここまで進化したのではないだろうか。