深セン市の李さんと夫はスイス旅行に出発する前日、ガイドからのショートメッセージを受け取った。旅行中の服装のコーディネートが詳しく指示されていたという。写真はスイス。

写真拡大

深セン市の李さんと夫はスイス旅行に出発する前日、ガイドからのショートメッセージを受け取った。旅行中の服装のコーディネートが詳しく指示されていたという。スイス到着後は、カメラマンがすべての日程に同行し、旅の途中のここぞという瞬間を記録した。李さん夫妻が泊まったのは、前から一度泊まってみたかったペンションだった。「スイスは初めてではないが、今回は最も思い出に残る旅になった」と語る李さんの説明によると、今回はオーダーメード旅行を専門に扱う旅行会社に行程を組んでもらい、「行程はすべてこの会社が独自に開発したもので、訪れた観光スポットの多くは同社だけが取り扱うものだった」という。人民日報海外版が伝えた。

李さん夫妻のようにオーダーメード旅行を選択する中国人観光客が、海外旅行をする人々の間でますます増えている。旅行業界は2016年を「オーダーメード旅行元年」と位置づけた。データによると、中国オーダーメード旅行市場は年平均40%の速いペースで成長している。こうした流れにともない、中国人観光客にサービスを提供するオーダーメード旅行が世界に広がっている。

▽オーダーメード旅行には独自の魅力

重慶市に暮らす90後(1990年代生まれ)の王軍利さんとガールフレンドは、この2年間に米国を3回旅行した。1回目は団体ツアーで、2回目は旅の攻略点を目指して自分でプランを練り、半自由旅行をした。3回目は現地でガイドを探して、オーダーメード旅行を楽しんだ。王さんの説明では、「自分とガールフレンドは旅行が好きで、一つの場所に行くとより多く深くその場所のことを知りたいと思い、あまり人が行かない場所に行ってみたくなる」のだという。米国で14年11月12日にスタートした中国人観光客対象の有効期限10年間のマルチビザ政策を受けて、王さんのような若い旅行者のニーズが実現可能になった。王さんのような人は各地の代表的観光スポットを駆け足で回るスタイルの旅は追求せず、小さな村に1週間滞在することもある。もっと滞在したいと思えば、時間を作って再びその地を訪れる。

中国のパスポートの「価値」がますます上昇し、より大勢の中国人観光客の「もっともっと」というニーズを実現可能にしている。現在、中国の普通パスポートを持った中国国民に対してノービザ政策または到着時ビザ政策を打ち出す国と地域は65カ所に達する。

中国人観光客の海外旅行がより簡単になり、頻度もより高くなると、従来の観光プログラムや体験プログラムでは多様化するニーズに応えられなくなった。中国人観光客向けオーダーメード旅行商品を専門に開発することが、旅行業界の多くの関係者にとって新たな業務になっており、他業界の人々も業界の枠を超えて数多く参画するようになった。

3年前にオーストラリアに移住した郭瑩さんは、当時からオーダーメード旅行市場の潜在力を鋭く見抜いていた。そこでまず中国からオーストラリアに来た親戚や友人向けにオーダーメード旅行を組み立て、皆が満足して帰国するのをみて、財務関係の仕事をやめることを決意し、オーダーメード旅行サービスの仕事を始めた。ゴールドコーストの海を眺める、海釣りを楽しむ、シーフードを自分で料理して食べる、海岸線沿いをサイクリングするなどは、郭さんがこれまでに打ち出した「プライベートオーダーメード旅行」の内容の一部だ。郭さんは、「お客様の年齢、健康状態、興味、滞在時間などに合わせて、いくつかのルートを組み立ててお客様に選んでもらい、全日程に同行する。オーダーメード旅行を始めたばかりの頃は、一年に数件しか依頼がなかったが、今年は上半期だけで中国からのお客様を20組受け入れた。独自の商品を展開していることがお客様を呼び込める真の理由だと思う」と話す。