BMW、普通二輪で運転できる「G 310 GS」を発売

写真拡大

BMWは、普通自動二輪車免許で運転可能なモーターサイクル「G 310 GS」を11月1日に発売する。

BMW Motorradのブランドを形作ってきた伝統あるオフロードスタイルのスポーティなデザインに、最高出力25kW(34PS)/9500rpm、最大トルク28Nm/7500rpmを発揮する排気量313ccの水冷単気筒エンジンを搭載した。エンジンのシリンダーヘッドの向きを180度回転させた特徴的な設計により、フロントホイール寄りの低い重心となり、俊敏でコントロール性の高い走行を実現した。

機能面では、車輪センサーが前輪及び後輪の回転速度を測定して作動する2チャンネル式BMW Motorrad ABSを標準装備し、安全な走行をサポートする。

価格は66万9900円。