あるユーザーが10月4日、人気スマホゲーム「Fate/Grand Order(FGO)」のガチャで、約26万円を投じるも、お目当てのキャラクター「マーリン」を引けなかったことを報告し、ネットを震撼させた。

マーリンとは、最もレア度が高い“星5”の中でも、屈指の有能さで知られる人気キャラクター。「FGO」では累計1000万ダウンロード記念として、9月20日から10月4日まで、普段は入手できないマーリンを引くことができる期間限定ガチャを実施していた。イベント開始日の20日は、安室奈美恵(40歳)の引退表明日だったが、Twitterトレンドでは「マーリン」が1位を獲得。その注目度の高さがうかがえる。

ユーザーはTwitterで、そのガチャの結果について、「26万課金してマーリン1枚も出ませんでした。」と告白。「もう生きてる心地がしない」「何も感じない。死にたい」「普通に自殺考えるわ…」と心境を吐露した。ユーザーによると、26万円は概算でしかなく、それ以上をつぎこんでしまった可能性もあるという。

そんなユーザーにファンたちからは、「覚悟が無いなら課金はすべきでは無い」「とりあえず生きてほしい」といった厳しくも温かいお叱りや激励が相次いだ。

またこの一件でTwitterには、

“ぼくは課金しすぎてクレジットカードどころかカードローン5社に手を出してしまい絶賛多重債務中です!”
“あなたは甘い。私は楽天カード30万限度額、クレジットカード65万ソシャゲで借金ありますが今月37万マギレコにつかいましたよ?”

と自身の経験を告白するユーザーも。

そして、ユーザーの間で、ガチャを所定の回数利用すれば好きなキャラクターやアイテムを1つ獲得できる「天井」というシステムが話題に上っている。「グランブルーファンタジー」では「天井」として9万円が設定されているが、その背景には、70万円分ガチャをしても目当てのキャラクターが出現しなかったという、昨年の騒動がある。ただし天井システムの採用については、

“本当、FGOのガチャは天井作った方が良いよ…。いくら課金しても目当てのキャラが手に入らないと、それまでの思い入れの分反転してゲーム自体嫌いになっちゃうもん…”
“fgoの天井はないからこそ出す金額を無理なく決めてやってるので9万とか天井付けられると無理してそこまで回しちゃいそうなのでやめて欲しいと思う”

と意見は割れる。

かねて問題が頻発しているスマホゲームの課金問題。ネット上には“課金は家賃まで”といった格言(?)があるが、「己を律せない者、課金するべからず」といったところだろうか。

(山中一生)

■関連リンク
ぬー‏ @Sanyan_nu
https://twitter.com/Sanyan_nu/status/915432927718031360

Fate/Grand Order 公式サイト
https://www.fate-go.jp/