提出者は高校生104人、大学生93人で計197人に

 日本高校野球連盟と全日本大学野球連盟は10日、新たなプロ野球志望届の提出者を公式サイトで公示。高校生3人、大学生10人が提出し、提出者は計197人(高校生104人、大学生93人)になった。

 大学生は近鉄などで活躍し、通算82勝を挙げた左腕・小野和義氏を父に持つ大体大・小野竜世投手、北海道教育大岩見沢の齊藤誠人捕手らが提出した。

 12日の締切まであと2日。すでに侍ジャパン高校日本代表の早実・清宮幸太郎内野手らが提出している。NPBのプロ野球ドラフト会議は26日に行われる。