「ベビースターラーメンONアイス」

写真拡大

食品メーカーのおやつカンパニー(三重県津市)は、アミューズメント施設を運営するナムコ(東京都港区)とのコラボレーションで、スナック菓子「ベビースターラーメン」をアイスクリームの素材に使用した「ベビースターラーメンONアイス」を企画、開発した。

「ベビースターラーメンONアイス」は、2017年10月7日からナムコのアミューズメント施設でクレーンゲームの景品となっている。

上はしっとり、中はシャリっと

ベースとなるアイスクリームは、近畿圏で有名な「白バラ牛乳」を製造、販売する大山乳業協同組合(鳥取県東伯郡)のカスタードバニラ味を使用している。チキン味のベビースターラーメンをその中に混ぜ込み、アイスの上にも、食べやすい長さにカットしたベビースターラーメンを盛り付けた。アイスの上品な甘さとベビースターの塩加減が絶妙に絡み合い、上はしっとり、中はシャリっとしているベビースターの異なる食感を楽しめる。

ベビースターラーメンの新たな食べ方を研究していたナムコの菓子企画開発担当者が、アイスとの組み合わせに着目したのが、開発のきっかけだ。組み合わせるアイスの味やベビースターとの配合比率で試行錯誤を重ねて製品化に至った。

一般流通での販売予定はない。商品が投入されるアミューズメント施設は特設ページで確認できる。