田嶋会長は相手の強さを認め「本当に負けなくて良かった」と胸を撫で下ろした。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

[キリンチャレンジカップ2017]日本 3-3 ハイチ/10月10日/日産ス
 
 日本サッカー協会の田嶋幸三会長が、3-3の引き分けに終わったハイチ戦後に報道陣からの取材に応えた。
 
 ワールドカップ予選を終えて、初めてとなる親善試合。今回の2連戦の前からその対戦相手に関しては、FIFAランクで大きく下回るニュージーランドと、すでにワールドカップ予選で敗退してモチベーションが不安視されたハイチという2チームを相手に、テストマッチの相手として相応しいのか疑問視する向きもあった。
 
 しかし、田嶋会長は自らこの点について触れ、次のように述べている。
「皆さんから言われていたマッチメイク云々ということに関して言えば、(相手は)強かったですね。ニュージーランドもそうでしたけど、やはり地力のあるチームだったというのは認めざるを得ないし、球際なんかも強かった」
 
 引き分けたことでFIFAランキングのポイントを落とすことになり、ワールドカップ抽選会への影響も免れないが、とりあえずは負けることでさらに大きくポイントを落とす最悪の事態は回避した。
 
 田嶋会長も「本当に負けなくて良かった。ワールドカップ予選じゃなくて良かった」とホッと胸を撫で下ろしている。
 
 しかし、この日の来場者は4万7420人と満員には程遠く、日産スタジアムには空席が目立った。当日券の発売や、前夜に選手たちがSNSで来場を呼び掛けるなどの動きも見られたが、この点については「こういう試合になると分かっていたら、もっとみなさん来てくれたと思う。うちのスタッフはよくマッチメイクしてくれた」と語り、ハイチの健闘ぶりや「3-3」という展開など、想定外の接戦に足を運んでもらえなかったことを悔やむとともに、スタッフの労をねぎらった。

日本代表×ハイチ戦の「美女サポーター」を一挙紹介!