中国で生きたマムシ50匹を列車に持ち込もうとした男性出現

写真拡大

 中国の浙江省銭江市の銭江駅で10月1日、広東省の広州駅行の列車に乗ろうとした男のスーツケースから50匹の生きたマムシが見つかっていたことが分かった。10月1日は中国の国慶節(建国記念日)で、8日間の大型連休の初日ということもあって、列車は超満員だったことから、マムシが列車内で放された場合、大混乱に陥っていた可能性が高い。

 ちなみに、国慶節の大型連休期間中、中国国内の旅行者数は前年比1割増の約7億1000万人に達するという。浙江省の地元紙「銭江晩報」が報じている。

 50匹ものマムシが見つかったのは、スーツケースをX線手荷物検査装置に入れたところ、画面に多くの動く物体が映し出されたためだ。

 駅で警備に当たっていた武装警察官がスーツケースを開けて点検したところ、布製の袋に入れられたマムシが多数見つかったという。

 警察は男の身柄を拘束し、取り調べたところ、「駅の近くで、マムシが安く売られていたので、4kg分買った。生まれ故郷の広東省の田舎では、蛇はよく食べるし、白酒(度数が50度以上の蒸留酒)に浸して『マムシ酒』にする習慣がある」と語るなど、平然とした様子だった。

 警察は男が愉快犯的に、わざとマムシを列車内に放って、混乱を引き起こそうとした疑いがあるとして、厳しく追及したものの、男は「マムシ酒を作るため買った」と供述。頑として容疑を否定したことから、警察は証拠不十分で、男を釈放せざるを得なかったという。

 中国におけるマムシ酒の起源は西周(紀元前1046〜同771 年)にまでさかのぼるといわれるほど、歴史的に古い伝統がある。マムシは生命力が強いことから、マムシを漬けた酒を飲んで、長寿を願うということから、マムシ酒が作られたという説が有力だ。

 とはいえ、生命力が強いゆえに、信じられないような話もある。2013年、中国東北地方の街で、白酒を6分目から7分目程度入れたビンの中に3か月間漬けていたマムシがビンのふたを開けたとたん、飛び出してきて、人を噛んだという実話もあるくらいだ。