田原坂。左は筆者が使用したママチャリ

写真拡大 (全4枚)

 1877年2月、60年振りといわれる大雪のなか、西郷隆盛率いる薩摩軍が蜂起した。熊本、宮崎で激戦を繰り広げた後、鹿児島で自刃するまでの半年余りの内戦は、140年経た現在も人々に語り継がれている。ノンフィクションライター・前川仁之氏が、西南戦争の戦跡をママチャリで辿った。

 * * *
 明治10年2月に鹿児島を発った西郷率いる薩摩軍約1万6000は、同22日、鎮台兵(明治の臨時軍政機関)が立て籠もる熊本城に総攻撃を開始した。だが加藤清正が築いた堅牢な城郭を攻略できず、鎮台兵は52日間の籠城の末、援軍との合流を果たした。その間、熊本城救援に向かう政府軍と北上を試みる薩軍主力との間で幾多の戦いが繰り広げられる。

 中でも最大の激戦地となったのが、熊本城から北西におよそ15kmの田原坂だ。

 私が熊本に到着した翌日は、朝から雨が降ったり止んだりで定まらない天気だった。「雨は降る降る人馬は濡れる」と歌われた田原坂を目指すにはちょうどいい。西南戦争の時代、陸戦の主役は人馬だ。エンジンはなくてよい。私は熊本市国際交流会館でママチャリをレンタルした。1日300円。

 籠城戦の指揮を執った谷干城の像がある熊本城正面から北上を開始。途中雨が本降りになり、レインコートを着る。しかしひどく蒸し暑いので、どうせ内側から汗で濡れるのだ。

 道中、官軍墓地2箇所と薩軍墓地1箇所で手を合わせた。官軍の方は墓石の四面に階級と氏名、所属、出身地、没年月日と場所が記され、死後もなお整然と隊列を組んでいる。一方、七本柿木台場薩軍墓地には個々の墓石がなく、大きな墓碑にまとめられていた。薩軍の側に立って戦死した「熊本縣士」8名の名が刻まれ、「外三百三名戦死之墓」とあるだけだ。

 扱いの差は歴然だが、ともかくかつての「賊軍」にも眠る所が与えられているのに安堵させられる。

 この薩軍墓地の南東の一角にある「熊本諸隊奮戦之処」という石碑の碑文が興味深い。政府軍を「東軍」、薩軍を「西軍」と呼んでいるのだ。執筆者の意図は想像する他ないが、この呼称をとると政治的な判定が失せ、両軍が対等になる。なんだか痛快だ。

 碑の建立年月日は昭和11年3月15日。奇しくも、内戦の一歩手前までいった二・二六事件の直後だ。

 田原坂の頂上には呆気なく着いた。南から、つまり熊本城方面から来る限り、ママチャリでも楽々上れる。より正確に言えば、ほとんど上らない。頂上には田原坂公園が広がり、弾痕の残った蔵や資料館、展望広場、そして両軍の全戦死者の氏名を記した慰霊之碑がある。

 そこを見学するだけで引き返してしまってはいけない。問題の田原坂はその先なのだ。高低差およそ80m、長さ1.5kmほどのこの坂を陥すのに、政府軍はなぜ一日平均32万発もの弾薬を費消し、17日間も要したのか。

 同じ疑問を当時後方で指揮を執っていた山縣有朋も抱いた。そして陥落直後に現場を視察した彼は「一夫之を守れば三軍も行く可からざるの地勢なり」と納得し、涙したという。

 実際にママチャリで攻めてみよう。坂を下り、玉東町の戦跡を見てまわってから、今度は逆に政府軍目線で田原坂に挑む。

 一の坂の途中でペダルをまわせなくなった。勾配はかなりきつい。押して歩くしかない。曲がりくねった坂道の両側は盛り上がり、時には人の背丈を上回るほどで、そこに鬱蒼と草木が茂っている。「両崖皆高くして街道は凹状を成し」という山縣の表現通りだ。その高みから薩摩軍が攻撃してくる、と思うと、群がる蚊ごときでうんざりしている私などは早々と戦意喪失だ。

 実はこの田原坂は、加藤清正が北の護りとして人工的に抜いた道なのだ。意図的に凹状にしたのである。二の坂はふつうにこいで走れたが、これは深追いを誘う罠かもしれない。そのまま勢いで三の坂、ここでまた勾配はきつくなる。意地でなんとか頂上までこぎ切ったが息があがっていた。

 所要時間は一の坂8分、二の坂三の坂合わせて3分。薩軍がいたら17日。そこから熊本城まではざっと1時間で楽に行けてしまう。事実としても実感としても、田原坂は熊本城の北の出入り口だ。

 そしてどちらも当時から数えて200年以上前の、加藤清正の作品で、広く言えば日本の歴史が生んだものだった。城郭が政府軍の籠城を助けた一方、田原坂は薩軍に利した。内戦には歴史の獲り合いという一面があるが、それを具現しているようではないか。

◆薩軍の野戦病院

 翌日は熊本城から南に7kmの川尻(熊本市南区)を訪れた。北側と打って変わってこちらは完全に平地であり、道中、特に戦跡はない。

 川尻は、北上してきた薩軍が最初に集結し、本営を置いた地だ。高いビルがなく、平入りの小さな町家が並ぶ美しい町だった。南に加勢川が流れ、河口まで8kmのこの地には中世からの石組みの船着場跡が残っている。薩軍の本営が置かれたという屋敷はそのすぐそばにあった。

 この町に延寿寺という天台宗の寺があり、薩軍はここを野戦病院にしていた。境内には、真新しい屏風型の碑が置かれている。「西南の役薩軍戦没者 延寿寺埋葬者名」と刻まれ、800名以上の氏名が並ぶ。薩軍全体の戦死者がおよそ6400名だから、これは相当な割合だ。第37代住職の蔵原恒海さん(84)に話をうかがった。

「当時薩軍の野戦病院は百十余りあったのですが、ここはその第2号でした。いいお医者さんがそろった、いわば中央病院になっておりまして、北部の戦場で負傷した方々もここに運ばれて手当てを受けていたようです」

 そして各地の戦死者が運ばれてくる墓地でもあった。

「私が子供の頃は、薩州墓と呼んでました。墓石は大部分遺族の方がとりに来られたのですが、今も少し残ってますよ」

 大正5年に合同墓碑が建てられ毎年4月に慰霊祭を行うようになり、百回目の一昨年、埋葬者の名前を入れた碑が建立されたのだが、その際参考にしたのは薩軍が残した名簿である。

「私が襖の張り替えをしていた時に見つかったんです。下張り紙になってました」

 日付と姓名が墨書されたボロボロの紙を見せていただいた。貴重な資料だ。

「……あなた、国民の祝日に、日の丸立てますか?」

 突然の問いに戸惑っていると、

「この町であまり立てるとこはありませんが、毎年4月の慰霊祭の日には40本くらい旗が立ちますよ。旗を立てて下さった家には、さつま揚げをお配りしてます」

 慰霊祭には自衛隊の吹奏楽団が来るという。薩軍の戦死者はここでは手厚く弔われているようだ。去り際にちらと奥の間を覗くと、西郷隆盛の肖像と「敬天愛人」の額が掲げられていた。

 埋葬者の碑の文末には熊本三州会会長・柏木明氏の歌が添えられている。

春巡り延寿の庭に眠りいて
夜毎夢見む故郷の山

◆桜島を見ながら

 この歌を心の片隅に置いて、彼らの故郷、鹿児島に向かった。熊本城をめぐる戦いの趨勢が決すると、薩軍は宮崎方面に転戦し、次第に追いつめられてゆく。

 和田越(宮崎県延岡市)の決戦ではついに西郷自ら陣頭指揮を執ったが大勢は覆せない。8月16日、西郷は軍に解散令を出した。その後は少数の精鋭を従え、政府軍をかわして鹿児島へ戻ってくるのである。

 しかし鹿児島はすでに政府軍の手に落ちている。これを猛襲して部分的に奪還し、城山を中心に布陣する。政府軍は慎重に慎重を重ねて増援部隊を送りこみ、5万〜6万の大軍に膨れ上がる。薩摩軍は400名足らず。敗戦は時間の問題だ。

 鹿児島中央駅から歩き始める。どうしても薩軍に感情移入してしまう。全てが近いのだ。加治屋町の西郷さん生誕の地も、無数の弾痕が残る私学校跡も、鶴丸城も、照国神社も、それらの背後に短く横たわる城山も、徒歩20、30分圏内。小学校高学年レベルの行動半径におさまる。

 自然遊歩道を登って城山の展望台(107m)に立つと、ついさっき歩いてきた大通りや照国神社の鳥居がすぐ下に見える。そして錦江湾を挟んでこの町を見守る桜島の雄大な稜線。

 地元感が半端ではなく、負けてたまるか、と口惜しくなってくる。7か月ぶりに故郷に戻った薩軍の士気が燃え上がったのは想像に難くない。

 薩軍の本陣跡は展望台からさらに山の中へ入ったところにあった。西(南西か)に尾根筋が延び、当時の写真を見ると今ほど木々がないから、鹿児島の町も反対側も一望できただろう。ここから西郷が籠もった洞窟へ向かう道は、城山の裏側を降りてゆく形になる。

 もう鹿児島の町も桜島も見えない。追いつめられてゆく。左右を山に挟まれた岩崎谷を歩くこと10分。急峻な山を背に立つ、ややぶかっこうな「せごどん」像の先に、二つ並んだ小さな穴がある。大男の西郷がこんなちっぽけな洞窟に潜んでいたとは。

 9月24日の明け方、政府軍は事前に予告した上で総攻撃を開始した。薩軍の堡塁は次々に落ちる。洞窟前に集結した桐野利秋、別府晋介ら四十数名が西郷を囲んで突撃に出る。弾丸雨飛の中、1kmも行かないうちに西郷が被弾。

「晋どん、もうここでよかろ」そう言うと西郷は東を向いて座り手を合わせた。別府晋介がその首を刎ね、自刃して後を追う。

 その朝を想い、洞窟から終焉の地まで900mほどの道をとぼとぼと歩いていた私は、最後の100mで生じた景色の変化に目を奪われた。視野を狭めていた城山が途切れ、つまり谷間は終わり、建物の向こうに桜島が見えたのだ。

 と言うことは。すぐ先、「南洲翁終焉之地」の碑がある地点で顔を上げると、やっぱりそうだ。高架の上にちらりと桜島がのぞいているではないか。

 後年山を切り崩したのでなければ、西郷が「ここでよかろ」と告げた「ここ」からも故郷の山が見えたはずだ。

 東を向いて座したのは宮城遥拝のためと思っていたが、その方角には彼が子供の頃から見て育った雄渾な火山があった。最後の瞬間に目に焼きつけて瞼をとじると、故郷と日本が大らかに重なる。

 救われる想いだった。

 【PROFILE】ノンフィクション作家。1982年大阪生まれの埼玉育ち。東京大学教養学部(理科I類)中退。人形劇団等を経て、立教大学異文化コミュニケーション学科卒。著書に『韓国「反日街道」をゆく 自転車紀行1500キロ』。

※SAPIO2017年10月号