ヒラリー・クリントン元上院議員(AP/アフロ)

写真拡大

 ヒラリー・クリントン元米上院議員が『What Happened』という本を9月12日に上梓し、政界のみならず全米で話題になっている。同書は、昨年の大統領選で敗北した理由を自分の観点から“分析”したものだが、同日のニューヨーク・タイムズの書評記者でジャーナリストのジェニファー・シニア氏に、こう酷評されている。

「これは“検視解剖”で、彼女(ヒラリー・クリントン)が検視官でもあり、同時に死体でもある。これはフェミニスト宣言である。恨みを晴らす祝宴である。これはクリントン氏の選挙運動を運命づけた新しい仮説を提供しているか? 答えはノーだ。これは単に古い仮説を合成するだけもので、クリントン氏の分析の部分が本の中でもっとも興味をそそらない部分である」

 ヒラリー氏自身の分析によると、敗北の最大の原因は“コミー・レター”だという。これは昨年10月28日、ジェームズ・コミーFBI長官(当時)が議会にヒラリー氏の私用メールの再捜査をする旨の通知をした書簡のことを指している。これが効果的に彼女の選挙戦を終わらせたというのだ。

 これには私も同意せざるを得ないが、なぜコミー・レターで天秤が簡単にひっくり返ったのかということを考えなければならない。それはヒラリー氏の私用メール問題がことほど左様に根深い問題であること、また謝罪で済む問題ではないことである。私の親しいFBI捜査官によると、私用メール問題は確信犯であると言っていた。

『A Woman in Charge』という本の中で、ヒラリー氏が隠し続けてきた過去を洗いざらい書き、完膚なきまでに彼女を打ちのめした、元ワシントンポスト紙記者のカール・バーンスティーン氏は、1970年代の「ウォーターゲート事件」を暴露した辣腕記者のひとりだ。彼は筆者の取材に対して、「ヒラリー氏のメール問題は、最後の最後までつきまとうだろう」と答えた。

 コミー氏は後に議会で、「選挙後に、『なぜこの問題を投票前に言わなかったのか』と批判されないために持ち出した」という趣旨の証言をしている。つまり、ヒラリー票を動かすためではなかったということだ。

●国民から嫌われていたヒラリー氏

『What Happened』の中で、ヒラリー氏はこう記している。

「メール問題についてのコミーの度重なる介入が私のモーメンタム(勢い)を弱らせた」

 9月12日に放送されたNational Public Radioで、ジャーナリストのレイチェル・マーティン氏がヒラリー氏に「アメリカの有権者のかなりの人が、あなたを信用していない。そしてドナルド・トランプはあなたに“Crooked Hilary”(心の曲がったヒラリー)との焼き印を押した。なぜ、あなたは自分の信用問題に真っ向から取り組まなかったのか」と聞いたところ、ヒラリーはこう答えた。

「取り組んだと思ったが、disorienting(方向感覚を失わせるもの)だった。でも、最初にバーニー・サンダース(上院議員)、そして持続的に強くサンダースの支持者によって打ちのめされ、さらにトランプによってやられて、その問題から打破することは本当に難しかった。でも私は勝利への道を歩んでいた。そして、投票日の間近になってコミー・レターと、ロシアのウィキリークスが大いに影響して、私の信用問題をまた疑惑にさらした。最後の11日間、それに反論しようとしたが難しかった」

 ロシアのウィキリークスというのは、彼女とジョン・ポデスタ氏(選挙対策責任者)のメールの内容が暴露されたことを指すが、その中でヒラリー氏は「国民は無知だから、“unaware”にしておくことが重要である」と本音を言っている。unawareは、「気づかせない」という意味で、企みや本音を隠したいということだ。ヒラリー氏は、自分たちの本音がばれたから信用がさらに落ちたと言っているが、国民からみれば投票前に本音がわかってよかったといえる。

 ブックツアー(著者のサイン会)中に、ヒラリー氏のサインをもらおうと書店に並んで同書を買ったライターのブライアン・レブランク氏は、ニュースサイト「The Slatest」のインタビューにこう答えている。

「国民は過去25年かかって、ヒラリー・クリントンに対する嫌悪の感情を醸成させた。だから多くの人はヒラリーを支持することができない」

 ヒラリー氏への国民の嫌悪感情は一夜にして生じたものではないというわけだ。それを棚上げにして、「コミー・レターがなければ大統領になっていた」というヒラリー氏の言い分は、まったくピントがずれている。

●「敗北は自分以外の要因」

 また、サンダース氏についてヒラリー氏は「2016年の民主党予備選挙でサンダースは私の選挙運動に“lasting damage”(持続的なダメージ)を与えた。それがトランプの“Crooked Hillary”攻撃の基盤を与えた」と書いている。

 政治専門紙「ザ・ヒル」の9月18日付記事によると「ヒラリー・クリントンとバーニー・サンダースの争いは民主党にlasting damageを与えるのではないかと民主党員は懸念している」という。その記事に対する読者のコメントの中に、こういうものがあった。
「彼(サンダース)を好むと好まざるにかかわらず、サンダースはヒラリー・クリントンがどれだけ腐敗しているかに光を当てることに役立ったことは明らかである」

 サンダース氏が与えたダメージが敗因のひとつであるというヒラリー氏の指摘について、サンダース自身はザ・ヒルの記事中で、こう述べている。

「クリントンは、歴史上もっとも人気がない候補者と対戦して負けた。彼女はそれについて腹を立てているが、その気持ちはわかる。でも我々の仕事は後戻りすることではなく、前進することだ。2016年の大統領選について話し続けることはいささかばかげている」

 つい最近行われたNBCの世論調査では、ヒラリー氏の好感度率は30%だった。これまでで最悪の数字だ。

 ヒラリー氏は、敗北したさらに別の理由として、セクシズム(女性に対する性差別)を挙げている。前出のマーティン氏によるインタビューで、それについてこう答えている。

「男性は職業的に成功すればするほど好感度が高くなるが、女性は成功すればするほど好感度が低くなる」

 筆者は投票日の3カ月以上も前の昨年7月に『アメリカはなぜトランプを選んだか』(文藝春秋)を上梓したが、同書を執筆するためにインタビューしたコロンビア大学ジャーナリズム科のグウェンダ・ブレア教授は昨年4月、「ヒラリー・クリントンが女性であることを忘れてはならない。アメリカ国民が、女性が大統領の地位を得ることに準備ができているかどうか甚だ疑問である」と語った。

 ヒラリー氏は、「自分の選挙戦術は間違っていなかった。私が敗北したのはコミー・レターとバーニー・サンダースなど、自分以外の要因である」と主張しているが、来年行われる中間選挙で、この本が民主党にとってマイナスになることは否めないだろう。

 さらにヒラリー氏は選挙制度まで批判している。一般投票では300万票近くヒラリーが勝っているので、もしこれがフィリピンで行われていたら自分が勝っていたと言わんばかりだ。しかし、民主党が伝統的に強いカリフォルニア州とニューヨーク州など19州ではヒラリー氏が勝ったが、ほかの州ではトランプ氏が圧倒的に勝っている事実を忘れてはならない。ヒラリー氏の性格を表現する言葉として“self-righteous”という言葉が頻繁に使われるが、これは「自分だけが正しいと思っていること」という意味だ。

「もし〜がなければ、私は大統領になっていた」という考え方は、根本的に間違っている。ヒラリー氏はFBIについて“a hotbed of anti-Clinton fervor”(反クリントン熱の温床)と同書に書いているが、彼女が大統領に選出されなくて一番安堵しているのは、過去におかした彼女の悪を調べつくし、すべてを把握していたFBIではないだろうか。
(文=大野和基/ジャーナリスト)