積極的なオーバーラップでサイドアタックを活性化した酒井。持ち前の攻撃力を発揮した。写真:山賢人(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

[キリンチャレンジカップ2017]日本 3-3 ハイチ/10月10日/日産スタジアム
 
 辛くも引き分けに持ち込んだハイチ戦で、まずまずのパフォーマンスを披露したのが、右SBでフル出場した酒井高徳だ。
 
 最大の見せ場は2-3で迎えた後半ロスタイム。左サイドからのクロスのこぼれ球に反応し、左足でグラウンダーのシュートを放つ。これを香川真司がコースを変えて、値千金の同点ゴールを演出した。しかし、試合後の酒井に笑顔はなかった。
 
「僕にとってはあまり重要ではないです」
 
 そう淡々と語った酒井が、苦々しい表情で振り返るのが3つの失点シーンだ。
 
「一瞬気を緩めた隙にやられてしまった。数日しか一緒にトレーニングしていないので、連係不足なのは仕方ない。そこを全体でカバーできなかったのが大きな反省材料ですね」
 
 たしかに守備面では課題を残したとはいえ、攻撃面では中盤のパスワークに有機的に絡んでサイドアタックを活性化。酒井宏樹がレギュラーに定着しつつある右SBで、存在をアピールした。結果は伴わなかったとはいえ、酒井個人にとっては収穫の多いゲームになったはずだ。
 
取材・文:高橋泰裕(ワールドサッカーダイジェスト編集部)