普段とは異なる「右CB」でのプレーに最初は戸惑いを感じたが、「すぐに慣れたし、やり辛さは感じなかった」という。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

[キリンチャレンジカップ2017]日本 3-3 ハイチ/10月10日/日産スタジアム
 
 日本代表も、所属する鹿島も、最終ラインは基本的に4バックだ。そしてどちらのチームでも、二枚のCBのうち、昌子源の定位置は常に「左CB」である。
 
 ハリルジャパンでは吉田麻也の、常勝軍団では植田直通の“左側”でプレーする昌子が、槙野智章と組んだハイチ戦では、「右CB」に収まった。
 
 なぜか?
 
「いや、最初にハリルさんに、(左から長友)佑都、マキ(槙野)、昌子って感じで言われたから、あ、俺は右かって」
 
 たかが右と左の違いかもしれないが、やり慣れていない右では、「最初はちょっと、やっぱり戸惑いはありました。身体の向き、見える景色がいつもと違うから難しかった」と、少なからずやりにくさはあったようだ。
 
 それでも、すぐにアジャストしてみせる。「でも、少し時間がたてば、すぐに慣れた。全然、やり辛さは感じなかったです」。だからこそ、3失点は「言い訳にならない」と表情を引き締める。
 
「本当に細かいところを、もっと突き詰めていかないと。隙を与えると、やられる。そこはしっかり学べた試合だった」
 
 DFとして悔しい想いをしたはずだし、責任を感じてもいるだろう。それでも、下を向いている暇はない。
 
「ダメだった試合からは、上がっていく一方やから。それは自分自身もそう。正直、個人のパフォーマンスはそんなに良くなかった。でもここから上げていくしかない」
 
 次の代表活動は11月の欧州遠征になるが、それまではまた鍛錬の日々だ。
 
「どこで(パフォーマンスを)上げていくかといえば、Jリーグ。代表とクラブではやり方は違うけど、しっかりと切り替えて。僕らは首位にいますし、優勝するためにも、もっともっと上げていきたい」
 
取材・文:広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)

【PHOTO】日本×ハイチ戦の美女サポーターたち❤