激闘制す2発の豪州代表FWケーヒル、抜擢の監督に感謝「信じてくれたことが嬉しい」

写真拡大

大一番のアジア予選POシリア戦で2ゴールと活躍 代表通算最多得点「50」の大台に

 オーストラリア代表FWティム・ケーヒル(メルボルン・シティFC)は10日に行われたロシア・ワールドカップ(W杯)アジア予選プレーオフ、シリアとの第2戦に先発出場。

 二つのヘディングゴールを決めてチームを大陸間プレーオフ出場に導いた。代表通算得点を同国最多「50」の大台に乗せた英雄は「監督が僕に機会を与えてくれたこと、信じてくれたことが嬉しい」と喜びを爆発させている。代表チームの公式ツイッターが試合後のコメントを紹介している。

 ケーヒルは0-1で迎えた前半13分に右サイドのMFマシュー・レッキーからのクロスから頭で決めて試合を降り出しに戻した。その後、両者に得点が生まれずに延長にもつれ込んだが、延長後半4分に今度は左サイドMFロビー・クルーズからの折り返しをまたもヘディングシュートでネットを揺らした。

 オーストラリアはケーヒルの活躍でシリアとの激戦を2戦合計3-2で突破。アジアに残された「0.5枠」の出場権を取るため、北中米カリブ海予選4位のチームと争う大陸間プレーオフに臨むことになった(第1戦が敵地で11月6日、第2戦が本拠地で同14日)。

「難しかった。僕らは相手を疲れさせ、チャンスを待つ必要があることは分かっていた。そして最後にようやくゴールを決めることができた」

激しい戦いを終えて「全てが誇らしい」

 殊勲のケーヒルは激しい戦いとなった一戦後にこうコメントを残している。「メンタル的にはよりタフだった」と、精神的な疲労も重なるなかでのゲームだったと振り返っている。

 この大一番ではキャプテンとして先発フル出場した。「僕はとにかく監督が僕に機会を与えてくれたこと、信じてくれたことが嬉しい」とアンジェ・ポステコグルー監督に感謝を述べている。

「僕らの成し遂げたこと、子どもたちが夢の続きを見る手助けをすることができたこと全てが誇らしい」

 一つ目の関門を越え、大陸間プレーオフというさらに厳しい戦いに臨む。ベテランFWケーヒルが健在のサッカルーズ(オーストラリアの愛称)は4大会連続5度目のW杯出場権を手にすることができるだろうか。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images