欧州王者ポルトガルがW杯出場決定! 9連勝スイスを撃破し最終節に逆転劇

写真拡大

 2018 FIFAワールドカップ ロシア 欧州予選第10節が10日に行われ、グループBでポルトガル代表とスイス代表が対戦した。

 2位の欧州王者ポルトガルと9連勝で首位のスイスが激突。スイスは引き分け位以上でW杯出場が決まり、ポルトガルは勝利すれば勝ち点で並び、得失点差のリードにより首位浮上を果たす。

 W杯出場権をかけた直接対決はポルトガルが先制する。41分、エリゼウが左サイドからクロスを入れると、ゴール前に走り込んだジョアン・マリオがDFヨハン・ジュルー、GKヤン・ゾマーと交錯。ボールはジュルーに当たってゴールに吸い込まれ、オウンゴールとなった。

 1点リードで折り返したポルトガルは55分、エリア手前でパスを受けたクリスティアーノ・ロナウドが左足で狙うが、シュートは枠を捉えられない。だが、直後の57分、エリア内右に抜け出したB・シウバが折り返し、ファーでフリーのアンドレ・シルヴァが右足で押し込み、追加点を挙げた。

 ポルトガルは79分にC・ロナウドがエリア内に抜け出し、GKと1対1となるが、かわすことができず、シュートまで持ち込めなかった。試合はこのままタイムアップを迎え、ポルトガルが2−0で勝利。最終節に首位浮上を果たし、逆転で5大会連続のW杯出場を決めた。最終節で初黒星を喫したスイスは2位に転落し、プレーオフからの出場権を目指すこととなった。

【スコア】
ポルトガル 2−0 スイス

【得点者】
1−0 41分 オウンゴール(ヨハン・ジュルー)(ポルトガル)
2−0 57分 アンドレ・シルヴァ(ポルトガル)