W杯出場を決めたポルトガル代表【写真:Getty Images】

写真拡大

【ポルトガル 2-0 スイス ロシアW杯欧州予選】

 現地時間10日に2018年ロシアW杯欧州予選の試合が行われ、ポルトガル代表はスイス代表をホームに迎えて対戦。

 首位のスイスは引き分け以上で、2位ポルトガルは勝てばW杯出場が決まるという条件での直接対決が行われた。試合開始して32分、ベルナルド・シウバが強烈なシュートを放ったがGKヤン・ゾマーにセーブされてしまう。

 それでも41分、左サイドのエリゼウが送ったクロスにジョアン・マリオが飛び込み相手のオウンゴールを誘う。相手に当たったボールはGKゾマーの横を通り抜けゴールに吸い込まれた。

 さらに57分、パス回しからスイスの守備を崩し、最後はフリーのアンドレ・シウバが冷静にゴールを決めてポルトガルに追加点が入る。結局、リードを守りきったポルトガルが2-0の勝利をおさめた。この結果、勝ち点で並んだものの得失点差で上回り、ポルトガルが5大会連続通算7回目のW杯出場を決めている。一方、スイスは2位に転落しプレーオフにまわることになった。

【得点者】
41分 1-0 オウンゴール(ポルトガル)
57分 2-0 アンドレ・シウバ(ポルトガル)

text by 編集部