9日、新華網は、東京・池袋で中国人相手の不動産仲介業を営む朝鮮族の中国人を紹介する記事を掲載した。資料写真。

写真拡大

2017年10月9日、新華網は、東京・池袋で中国人相手の不動産仲介業を営む朝鮮族の中国人を紹介する記事を掲載した。

吉林省吉林市からやって来た朝鮮族の男性、金龍(ジン・ロン)さんは33歳。地元の大学を卒業してから東京の大学に留学し、卒業後に中国人が経営する不動産仲介会社に就職した。そして、2年前に2人のパートナーとともに自らの会社を立ち上げた。オフィスは在日中国人が密集する池袋駅付近のビル内にあり、従業員はほとんど中国人。顧客ももっぱら中国人で、微博、微信などの宣伝や、既存客の紹介でやって来るという。

日本における不動産購入の仲介料は3%で、しばしば値引きすることもある。そんな中、月の成約件数が1桁というのは厳しそうだが、物件の多くは億単位の価格で、効果的に利益を挙げられるという。しかも、正規の登録を得た仲介会社のため、一定の費用を支払うことで公共の物件情報ネットワークを利用することができるという。

金さんを取材した新華網の記者は、金さんと同郷で留学時代の先輩である朝鮮族一家の物件探しに同行。一行は埼玉県川口市に足を運んだ。川口市は池袋から電車で20分ほどの距離にあるため、在日中国人にとっては理想的な地域だという。ただ、金さんによれば「以前、3000万円あまりで買えた川口の物件が、今は4000万円あまり出さないと買えない」とのこと。東京五輪を控えて東京やその近郊の不動産価格は上昇しているようだが、その先輩は「高齢化が進むことで住宅余りが出るのではないか」と懸念する。五輪後の不動産価格の行方は、個人によって見方が異なるようである。

金さんは「観光や診療で日本にやって来た人は、日本の不動産投資についても考えるだろう」とし、業務範囲を観光サービス業や医療仲介業にまで拡大。先日、上海にコンサルティング会社を設立した。今後さらに中国国内の子会社を増やすなど、業務拡大に努めると話しているという。(翻訳・編集/川尻)