ソウルの日本大使館が入っているビル(資料写真)=(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】22日に投開票される第48回衆院選の在外投票が11日に各国で始まる。

 韓国ではソウルの日本大使館、釜山と済州の日本総領事館の3カ所で実施される。期間は大使館が16日まで、両総領事館は15日まで。投票時間は午前9時半〜午後5時。

 今回は安倍晋三首相が9月28日に衆院を解散してから1カ月足らずで実施されることから、事前に在外選挙人名簿に登録していない在外有権者は投票が事実上不可能となる。

 2012年12月にスタートした第2次安倍政権の政権運営に有権者がどのような審判を下すかが注目される。選挙戦序盤は自民・公明の連立与党が優勢とされる中、小池百合子東京都知事が率いる希望の党と日本維新の会が追い上げる様相となっている。共産党や立憲民主党、社民党は憲法改正の発議に必要な3分の2(310議席)の確保を阻止するため総力を挙げている。