日本代表の乾貴士【写真:Getty Images】

写真拡大

【日本 3-3 ハイチ キリンチャレンジカップ2017】

 日本代表は10日、キリンチャレンジカップ2017でハイチ代表と対戦し、3-3で引き分けた。

 先発で出場して80分までプレーした乾貴士は、「チームとして前半の最初はすごく良かったです」と2点をリードするまでの戦いについてコメント。だがその後「ボールの取られ方が悪かったので、そこでカウンターを受けて失点してしまって、流れが相手に行ってしまった」と反省を述べた。

「点を取って落ち着くのは、別に悪いことじゃないと思います」とチーム全体のスローダウンについて乾は語る。だが監督の意識とはニュアンスが異なる部分もあり、チーム全体の意思統一が不十分だったとも感じてるようだ。

「監督のサッカーでは、キープするサッカーは全くやっていなくて、常に攻撃して3点目、4点目を取りに行くサッカーなので。選手はもうちょっとボールをキープしたいですが、監督のサッカーはそうではないので。中の選手と監督の指示がちょっと違ったので、はっきりできなかったというところですね」

 後半は選手の距離感が近すぎた部分もあり、「自分たちで難しくしてしまった」と乾。原口元気が左サイドに張るようにしたことで改善され、車屋紳太郎との関係も良くなったとして、「ああいうプレーを増やす方がいいんじゃないかなと思います」と手応えが感じられた部分にも言及している。

(取材:元川悦子、文・構成:編集部)

text by 編集部