敗戦から救ったMF香川真司、“リズム”を欠いた攻撃に不満《キリンチャレンジカップ2017》

写真拡大

▽日本代表は10日、日産スタジアムでキリンチャレンジカップ2017のハイチ代表戦に臨み、3-3のドローに終わった。

▽試合後、MF香川真司(ドルトムント/ドイツ)がミックスゾーンで取材陣のインタビューに応対。敗色濃厚なチームを救った日本の10番だが、厳しい表情で試合を振り返った。

◆MF香川真司(ドルトムント/ドイツ)

──MF井手口陽介(ガンバ大阪)とのプレーについて

「『ボールを早く動かしながらボールを回していこう』と。僕らでどんどんボールを受けないと、後ろから組み立てていかないと、前に良い形でボールが入らない。ドルトムントと似ている感覚で、それを徹底しつつ、両サイドバックをできるだけ高い位置に張らして、ということを意識して入った」

──実際にプレーしてみて、攻撃面で感じたことは

「入ってやってみて、回りが悪かった。攻撃に行っている分、前に人数はいるけど、コンビネーションや連動性は生まれていなかった。後ろからゲームをコントロールしながら前に進むというのもできていなかった。そういうところの課題はある」

──ゴールシーンについて

「その前で潰れた分、良かった。良いところに来たから(ボールに)触った。両サイドバックが位置を高めたことで、そのビッグチャンスが生まれた。それまでなかなか効果的なチャンスはなかったし、あの場面では唯一、(原口)元気から車屋(紳太郎)にボールが入って、早くて、連動性のある攻撃ができた。それ以外に関しては、リズムは生まれていなかった」

──コンビネーションプレーについて

「(フリーのスペースに)走る必要はない。連動性というか、そこには一対一の関係性でしかない。ボールが入ったときにサイドが上がるのか、周りの選手がボールを受ける準備ができるのか、後半は停滞していた。効果的なリズムは生まれていなかった」