反省点を挙げるMF乾貴士「自分たちで難しくした」《キリンチャレンジカップ2017》

写真拡大

▽日本代表は10日、日産スタジアムでキリンチャレンジカップ2017のハイチ代表戦に臨み、3-3のドローに終わった。

▽試合後、MF乾貴士(エイバル/スペイン)がミックスゾーンで取材陣のインタビューに応対。攻撃面における反省点を挙げた。

◆MF乾貴士(エイバル/スペイン)

──試合後、MF香川真司(ドルトムント/ドイツ)と会話しているように見えたが

「色々と話した。ポジショニングのことだったり、ああやって引かれた相手をどう崩すかだったり、距離感だったり、そういう内容だった」

──クラブとはまた違ったサイドでのプレーが求められるが

「特に、後半は距離感がすごく近過ぎたところがあった。その辺で崩せなかったというか、効率が悪くなってしまった。自分たちで難しくてしまった」

「途中から(原口)元気が左サイドで張るようになって、そこから良いタイミングで中に入ったり、ああいう方が効果的。(車屋)紳太郎との関係もそこからすごく良くなっていったりもしていたし、引いた相手に対してはああいうプレーの方が良いんじゃないかなと思う」

──監督の指示に則ったプレーが強調されているが

「もうちょっと張りたかったけど、それができなったのは自分の判断ミス。もっと張って、そこで起点を作れれば、紳太郎の上がりを使って崩せたんじゃないかなと。そこは反省」

──香川とのプレービジョンの共有が見て取れたが

「あそこで崩せれば一番良かったけど、あれだけ引いてくる相手だと、あれだけじゃ厳しい。やっぱりサイド攻撃が有効だと思う」

──前半は理想とする形ができていたように見えたが

「前半は(長友)佑都くんとの関係がすごく良かった。(倉田)秋がすごい良いタイミングで後ろをサポートしてくれたし、槙野(智章)くんが良いタイミングでボールを入れてくれていたので、良い関係ができていた。でも、やっぱり1点目を獲られてから、自分たちの流れがすごく悪くなって、自分たちで苦しくしてしまった感じ」