原口元気【写真:Getty Images】

写真拡大

【日本 3-3 ハイチ キリンチャレンジカップ2017】

 日本代表は10日、キリンチャレンジカップ2017でハイチ代表と対戦し、3-3で引き分けた。

 後半からピッチに立った原口元気は、右サイドのアタッカーとして試合に入った。チャンスメイクではなく「仕留めることしか考えてなかった」という。右ではなかなか攻撃に絡めなかったが、左に回ってからは存在感を発揮した。しかし、自身のパフォーマンスには納得していない様子だった。

 チームとしてもボールの取りどころが定まらなかったという。「守備がはまらなかったので、自分たちの良さが全く出なかった」と振り返る。

「意思の統一がされていなかったというか。僕らは前から行きたくて、でも後ろはあんまりついてきてなくてって感じがしたんで。で、かわされて戻ってという感じになって。それだと僕らの良さが出ない」

 さらに「チームとしてどう攻めて、どう守るかっていう。もちろん自分の最後のクオリティも低かったけど、それを徹底できなかった方が問題だと思う」とも話した。

 11月にはブラジル、ベルギーとの対戦があるが、「次を考える前に今日はみんなで反省しなきゃいけない」と、ハイチ戦で出た課題を放置しない意思を示した。

(取材:元川悦子、文・構成:編集部)

text by 編集部