“ズレ”を感じるMF小林祐希「自分の特徴のせいでプレーが遅いという人もいる」《キリンチャレンジカップ2017》

写真拡大

▽日本代表は10日、日産スタジアムでキリンチャレンジカップ2017のハイチ代表戦に臨み、3-3のドローに終わった。

▽試合後、MF小林祐希(ヘーレンフェーン/オランダ)がミックスゾーンで取材陣のインタビューに応対。代表初先発となったハイチ戦を振り返り、自身の意図したプレーとチームとして求められる戦いに“ズレ”があると明かした。

◆MF小林祐希(ヘーレンフェーン/オランダ)

──試合中、どこか痛めたように見えたが

「腰を変なひねり方してプレーを止めちゃって、そのあとに失点したので、みんなに申し訳ない」

──スタートから起用された感想は

「気持ち的にはすごいリラックスして入れたけど、初スタメンでピッチの上で国歌を聞くと、『硬くなるもんだな』と少し感じた。それも経験」

──平常心ではなかったのか

「気持ち的にはいつもどおり。1失点目のときも無理に食いつかなくて良かったのに食いついて、トントンとワンタッチでかわされて後ろのスペースを使われたり、無駄な動きをしてしまった」

「自分のチームだと、『こういうときに行く、止まる』がはっきりしていてやりやすい部分があるけど、こうやって新しくやる選手が多いときに自分の判断、個人戦術で食い止めていくところを止めていかないといけない。それが自分の課題」

──プレーで心がけたことは

「ニュージーランド戦もその前も代表を見ていると、みんなが高い位置に入り過ぎてスペースがなくなると感じていたので、そこに入らずに(遠藤)航の脇や相手のサイドバックやサイドハーフ、ボランチの脇を使うことを意識した」

「(酒井)高徳くんや(杉本)健勇、(倉田)秋くんがフリーになれれば良いと思って、動きながらパスをテンポ良く捌いていた。前半はそれがうまくいって、スルーパスもあり、クサビもあり、良い形を何回か作れていた」

──テンポに変化を加えるプレーなど、自分の特徴を出せていたと思うが

「僕としては、それが特徴なのでそういう風に見てもらえると嬉しいけど、そのためのせいでプレーが遅いという人もいる」

「僕は意識的に遅らせたのに、監督が1つ遅れていると判断したら、それはズレになる。評価するのは監督。僕には何とも言えない」

「前半に関しては、そのズレを相手が嫌がっていると思っていたし、後半は『もうちょいダイナミックなプレーを増やそう』と思っていたところで交代になってしまったので残念」

「完璧ではなかったけど、サイドチェンジを含めて、特徴を出そうとした姿勢を見てくれている人は評価してくれるのかなと思う」