MF倉田秋、気の緩みなし「2試合だけで終わったら次ない」《キリンチャレンジカップ2017》

写真拡大

▽日本代表は10日、日産スタジアムでキリンチャレンジカップ2017のハイチ代表戦に臨み、3-3のドローに終わった。

▽試合後、MF倉田秋(ガンバ大阪)がミックスゾーンで取材陣のインタビューに応対。「2試合だけで終わったら次ない」と2試合連続ゴールという結果に浮かれることなく、さらなるレベルアップを誓った。

◆MF倉田秋(ガンバ大阪)

──ゴールシーンを振り返って

「(長友)佑都くんから良いボールが来たので、ファーに流せば何とかなるかと思った。入って良かった。けど、1点目、2点目を取ったあと、チャンスもあったし、そこで3点目、4点目を取り切れなかったからこういう試合になったと思う」

──監督から試合後、言われたことは

「『良くなかった』ということは言われた。こういう相手に圧勝しないといけないことは、全員がわかっていると思う」

──個人としては2試合で2ゴール。アピールできたのでは

「選手というよりチームで勝つことが大事。スタメンで今日の試合に出て、それができなかったので、アピールできたとは思っていない。もっと言われたことをしっかりやらないといけないし、もっと自分のプレーも出さないといけない」

──良い形でゴールが獲り続けているが

「点を獲ることは、自分の中で良いリズムでプレーできている証拠。でも、この2試合だけで終わってしまったら次がない。このキャンプでまだまだ全部レベルアップしないといけないと痛感したので、まだJリーグも残っているし、またチームに帰ってから上を見てトレーニングしていきたい」