反省のDF長友佑都「正直、あそこまで相手がやるとは…」《キリンチャレンジカップ2017》

写真拡大

▽日本代表は10日、日産スタジアムでキリンチャレンジカップ2017のハイチ代表戦に臨み、3-3のドローに終わった。

▽試合後、DF長友佑都(インテル/イタリア)がミックスゾーンで取材陣のインタビューに応対。なかなかデータが集めにくい相手だったとはいえ、何とかホームで引き分けという結果に厳しい表情を浮かべた。

◆DF長友佑都(インテル/イタリア)

──試合を振り返って

「かなり難しい試合だった。正直、あそこまで相手がやるとは思ってなかった。フィジカルが強いし、身体能力も高い。FWの20番の選手(ナゾン)は、すごく良い選手だった」

──半年前のデータとは違ったか

「全く違ったし、そもそもなかなかデータがなかった。監督も『今まででこんなにデータを分析できないのは初めて』と言っていたぐらい」

「それでも、僕らはホームだったので、勝たなければいけない試合。結果的に、『負けなくてよかったな』と言うのが精一杯」

──今日出場した若手について

「堂々とやっている選手もいれば、ちょっとおどおどしているというか、慣れてなかったり、怖がってプレーしている選手もいた。こればかりは経験と慣れが必要になってくる」

「でも、ワールドカップまで時間がないし、数試合しかない。そこまでに、彼らが経験を積んで堂々とやれるかどうかは彼ら次第」