長友佑都【写真:田中伸弥】

写真拡大

【日本 3-3 ハイチ キリンチャレンジカップ2017】

 日本代表は10日、キリンチャレンジカップ2017でハイチ代表と対戦し、3-3で引き分けた。

 キャプテンマークを巻いて先発出場した長友佑都は、前半のみプレーした。試合後、ハイチについてこう語った。

「正直、相手があそこまでやるっていうのは思ってなかったですね。フィジカルも強いし、身体能力も高いし、FWの20番の選手はすごくいい選手でしたね」

 相手の力を認めつつ、長友は自分たちの甘さに言及した。「点が入ったり、自分たちがいい流れの時に精神的に抜いてしまうっていう癖というか。これはちょっとチームとしてあるんじゃないかな」と言う。

「2点目の後、3点目を取りに行けば相手にとって厳しい試合になったと思う。たかが1点だけど、その1点が大きい。精神的に気を抜いてしまう、『これくらいでいいかな』って部分があったのかもしれない」

 また、この試合では新戦力も起用された。杉本健勇が代表初ゴールを決め、長友と交代で入った車屋紳太郎も攻撃参加で3点目に絡んだ。しかし、長友はそうした面々にさらなる奮起を促している。

「堂々とやっている選手もいれば、まだ慣れてない、怖がってプレーしている選手もいたんじゃないかなと。これはやっぱり経験と慣れも必要になってくると思う」

 とはいえ、長い時間をかけて育てている余裕はない。「W杯まで時間もないし、数試合しかないんでね。どこまで彼らが経験を積んで、堂々とやれるようになるか。それは彼ら次第」と長友は述べた。

(取材:元川悦子、文・構成:編集部)

text by 編集部