杉本健勇【写真:田中伸弥】

写真拡大

【日本 3-3 ハイチ キリンチャレンジカップ2017】

 日本代表は10日、キリンチャレンジカップ2017でハイチ代表と対戦し、3-3で引き分けた。

 杉本健勇はこの日、代表初先発を果たした。17分には自身も崩しに関わり、最後はこぼれ球を左足ボレーで決めて初ゴールを記録した。「あれを決めるか決めないかで大きく変わってくると思う。どんなゴールでもいいと思っていましたし、それが結果につながったので良かった」と胸を撫で下ろす一方で、「前半はチャンスが多かったですし、もっと決めれたかなと。反省する点の方が多い」と満足もしていない。

 ゴールシーン以外にも攻撃の局面に絡んでいた。だからこそ、複数得点を奪えたと考えている。

「2点3点取れるチャンスはあったので、あともう少しのところで。そこは技術的な問題だと思うので、しっかりそこはチームに帰って取り組みたい」

 64分に途中交代するまで、ピッチで奮闘した。「たくさん話して、チャレンジする場面でできた部分もあった」とし、「それをもっともっと回数増やしていくこと。あとはもっと連係の部分であったり、攻撃だけじゃなくて、守備の部分で後半の入りはどうだったのかというところも含めて見つめ直さないといけない」と続けた。

 J1でゴールを量産中の杉本は、ハリルジャパンでも能力の一端は示した。この日得た課題と向き合い、さらに成長するつもりだ。

(取材:元川悦子、文・構成:編集部)

text by 編集部