カナダ・トロント動物園は10月5日、ジャイアントパンダの赤ちゃんが転ぶシーンばかりを集めた2分44秒の動画を公開した。

すってんコロリンとコケる愛らしいパンダの姿が人気を集め、現在までに43万回以上再生されている。

カナダで初めて生まれた赤ちゃんパンダ

映像に写っているのは、カナダで初めて生まれた赤ちゃんパンダだ。公開された5日は、ちょうど2歳の誕生日だったそう。

トロント動物園の広報担当者は、海外メディに「カナダで最初のジャイアントパンダの赤ちゃんが、この24カ月、順調に成長して来たことを皆さんにお見せしたくて、今回の動画を発表しました」と語っている。

▼坂から転げ落ちてドテッ!

The Toronto Zoo/Facebook

▼顔面から地面にズボッ!

The Toronto Zoo/Facebook

▼いきなり、ストン、と尻餅。

The Toronto Zoo/Facebook

▼仰向けに大の字。

The Toronto Zoo/Facebook

パンダの転倒は普通の成長過程

滑ったり、転がったり、頭から落ちたりしている赤ちゃんパンダは危なげに見えるが、中国・成都ジャイアントパンダ繁殖研究所の専門家によると、「ごくノーマルな成長過程」であるとのこと。

母パンダが見守る中で赤ちゃんパンダが転ぶのは1種の遊びで、正常な生殖能力を持つ大人になるために必要なことらしい。

現在トロント動物園にいるこのパンダ親子は、2018年3月にはカルガリー市の動物園に移されることになっている。カナダでもパンダは人気のようだ。

屈託のないパンダの仕草を見ていると、誰でも癒されてしまうのではないだろうか。