劇的弾の香川真司 課題浮き彫りのチームに不安告白「W杯でこういう試合は許されない」

写真拡大

ハイチ戦の終了間際に同点弾、周囲との連係やチーム全体の課題に言及

 日本代表MF香川真司(ドルトムント)は10日のハイチ戦(3-3)後、「ワールドカップでこういう試合は許されない」と厳しい口調で試合を振り返った。

「連動性やお互いの意思疎通という意味で、なかなか感じられなかった。そのタイミングも含めて。やっているなかで自分自身、リズムができないと感じた。それが今後の試合の中で課題に残ると思います」

 日本はワールドカップ(W杯)出場権を逃したハイチ相手に一時2点リードするも、一度逆転される失態を演じた。後半アディショナルタイムに香川の同点ゴールで3-3の引き分けに持ち込んだが、今後に不安を抱かせる内容だったのは事実。香川も周囲との連係面について課題を指摘している。

 この日はFW杉本健勇(セレッソ大阪)ら出番の少ない選手が多く起用された。前半はベンチで戦況を見つめ、後半14分からピッチに立った香川は「今日、メンバーも変わったなかで、90分を通して試合をコントロールできないところに課題を感じました」とチーム全体として解決すべき問題があると語った。「W杯でこういう試合は許されない」と厳しい言葉も口にしている。

「明らかに課題を感じる」と語った部分とは?

「一人一人が自覚して、2-0でリードしたところからどう戦うかについて明らかに課題は感じる。ポジショニング一つにしても改善できるところはある。それをしっかりと話し合いたい。これだけ失点して、ゲームコントロールできなかったことに、僕自身も課題は感じている。それを、監督やコーチングスタッフを含めて話していきたい」

 11月は欧州遠征を行い、FIFAランキング2位のブラジルと同5位のベルギーという強豪国と激突する。W杯本番を見据えるうえで、より重要な意味を持つこの2試合では今回浮き彫りとなった課題を克服することができるのだろうか。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images