韓国代表(写真は8月のイラン戦)【写真:Getty Images】

写真拡大

【モロッコ 3-1 韓国 国際親善試合】

 現地時間10日にスイスで行われた国際親善試合で、モロッコ代表と韓国代表が対戦した。

 アジア予選で苦戦を強いられながらもロシアW杯出場を決めた韓国は、本大会への準備をスタートするため欧州遠征へスタート。だが7日の試合ではW杯開催国のロシア代表に2-4の敗戦を喫する結果に終わった。

 スイスへ移動してのモロッコ戦でも序盤から苦しい戦いとなってしまう。開始7分、エリア手前でパスを受けたモロッコのFWタナネが巧みなフェイクでDFをかわし、右足で先制のゴールを叩き込んだ。

 さらにそのわずか4分後にはモロッコに追加点。左からのクロスが韓国DFに当たってこぼれたところを、再びタナネが拾って左足のシュートでGKのニアを抜いた。

 2点リードで前半を折り返したモロッコは後半立ち上がりにも3点目を加える。左サイドでパスを受けてエリア内に侵入したエル・ハダドがシュートを突き刺してスコアは3-0に。

 韓国は66分、ク・ジャチョルがGKに倒されて得たPKをソン・フンミンが決めて1点を返すが、反撃はそこまで。ロシア戦に続いての連敗を喫し、W杯本大会に向けて不安を感じさせる欧州遠征となった。

【得点者】
7分 1-0 タナネ(モロッコ)
11分 2-0 タナネ(モロッコ)
47分 3-0 エル・ハダド(モロッコ)
66分 3-1 ソン・フンミン(韓国)

text by 編集部