吉田麻也が不在のなか、結果でアピールしたかったが……。昌子は不安定なパフォーマンスに終始した。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

[キリンチャレンジカップ2017]日本 3-3 ハイチ/10月10日/日産スタジアム
 
 DFにとって、3失点は堪える結果に違いない。昌子源が「一番やってはいけない形」と特に悔やんだのが、1失点目のシーンだ。
 
「アンカーの(遠藤)航の横のスペースが空いていた。まず自分のところで潰せなくて、次に航のところで潰せなかった。最後は2列目から出てきたハイチの選手を捕まえきれず、失点してしまった。アンカーを置くなら、一番やってはいけない失点の形だった」
 
 この日、センターバックでコンビを組んだ槙野との相性は「悪くなかった」という。しかし、3失点という結果だけに、「良くなかったと言われるのが当たり前」と批判を受け入れる。

 ただ、「ハイチの選手は足が伸びてくるというか、日本でプレーしていては、体験できないような感覚があった」と貴重な経験をしたのも事実。日本代表で不動の存在となる為に、ハイチ戦の悔しさを次につなげる覚悟だ。

【日本代表PHOTO】倉田、杉本の大阪コンビがゴール!香川が最後に意地の一発