長野県警は10日、長野市の寺院の柱などにペンのようなもので落書きしたとして、建造物損壊や器物損壊の疑いで、長野市の無職の女(47)を逮捕した。

 近くの善光寺の敷地内で100カ所以上の落書きが見つかっており、関連を捜査する。

 逮捕容疑は、8日午前11時ごろ、善光寺の近くにある長野市の「世尊院釈迦堂」の柱などに、ペンのようなものでバツ印を書き込んだ疑い。

 県警によると、容疑を認めている。付近に設置された防犯カメラに、女が落書きをする様子が写っていたという。

 善光寺の落書きは、国宝の本堂、重要文化財の三門と経蔵のほか、仁王門と本堂内部の柱などから見つかった。