1トップ争いの大迫と杉本が課題を指摘 「ボールが入らなかった」「もっと動き出しを」

写真拡大

ハイチ戦の展開に大迫は「2-2になった時点でダメだったのかな、と」

 日本代表の“1トップ争い”を制するのは、大迫勇也(ケルン)か杉本健勇(セレッソ大阪)か、それとも――。

 バヒド・ハリルホジッチ監督体制下の日本代表は、基本システムとして3トップを採用。10日に行われた国際親善試合ハイチ戦では前述の二人が最前線で起用された。杉本は代表初ゴール、大迫は安定感の高いポストプレーでアピールしたが、ともに満足感を漂わせることはなかった。

「あの引かれたなかで、もうちょっとボランチが絡んだりしないとなかなか難しいかなと思いました。(本大会でも)引かれることもあるだろうし、選手間で上手く話し合いたいですね」

 この言葉は大迫が発したものだ。試合は「前半はウチが良かったし、相手も悪かった」との言葉通り、ハイチの立ち上がりの不安定さを突いてMF倉田秋(ガンバ大阪)の2戦連続ゴール、そして杉本のゴールが生まれた。しかしハイチの反撃を許し、逆転されるまで効果的な攻撃はなかなか生まれなかった。

 2点リードしながら、3失点で逆転を許したハイチ戦。前半はベンチ、後半途中からピッチに立った大迫は、ボール供給の少なさを感じていたという。

「距離感は結構悪くなかった。ただ後ろからボールが入らなかった。その落ち着きがちょっとなかったのかなと思いましたね。ただ相手も勢いついたこともあったので。2-2になった時点でダメだったのかな、と」

代表初得点の杉本は「監督からも…」

 実際、試合後のデータを見ると大迫はシュートを打てずに終わっている。

 では、大迫と交代した杉本はどうか。前半17分の得点シーン以外にもシュート3本を放った。とはいえ「(ゴールを)もっと取れたと思うし、悔しいですね」と話した杉本が課題と挙げたのは、ボールを受け取る前の動作だった。

「動き出しといった部分は求められていると思うので。でも足元でもらう分、裏に抜ける動きは監督からも言われたし、この判断を良くして、もっと動き出しを磨きたいと思います」

 最前線の候補者は、二人以外にも多い。今回の10月シリーズではサイドで起用された武藤嘉紀(マインツ)、今回は未招集だった岡崎慎司(レスター・シティ)、そして最終予選の敵地オーストラリア戦で“ゼロトップ”起用された本田圭佑(パチューカ)も、所属クラブでCFを務めたこともある。熾烈な競争が続くなか、大迫や杉本は今後どのようなプレーを見せてくれるのだろうか。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images