引き分けに終わったハイチ戦を「難しい試合」とコメントした長友。写真:サッカーダイジェスト

写真拡大

[キリンチャレンジカップ2017]日本 3-3 ハイチ/10月10日/日産スタジアム

「かなり難しい試合だった」と長友はハイチ戦をそう振り返った。

「正直、相手があそこまでやるとは思っていなかった。フィジカルが強くて、FWの20番の選手(デュカン・ナゾン)はすごく良い選手だった。データがないチームで、監督もここまで分析ができないのは初めてぐらいのことを言っていましたしね」

 とはいえ、ホームゲームである。もちろん長友も3-3の引き分けには納得していない。

「勝たないといけない試合でしたよね。結果的に負けなくてよかったというのが今精いっぱい言えるところかなと。今日は堂々とやっている選手もいれば、ちょっとおどおどしているというか、まだ慣れていない、怖がってプレーしている選手もいたんじゃないかと思います。これに慣れるには経験とかが必要ですが、かといってワールドカップまで時間があるわけではない。どこまで彼らが経験を積んでやれるかですかね」

 ニュージーランド戦からだいぶメンバーを代えて挑んだハイチ戦は、2-1とされて以降はなかなかチームとして機能していなかった。そうしたところに危機感を持ったからこその長友のコメントだろう。

 やはり3失点はいただけない。

「セットプレーでもやられましたし……。まあ、3点目に関してはあのシュートを止めるのは難しいですけど、でも、ああいうところでもアプローチに行く中盤の選手がいなければいけないし、中盤がいないなら最終ラインの誰かが出ないといけないし、アプローチが甘いところを今後は改善していかないといけない」

 その意味ではディフェンスリーダーの吉田不在が響いたのだろうか。このセンターバックが出場せずに3失点なのだから、“吉田がいなかったから”と言われても致し方ない部分はある。では、長友は吉田不在の状況をどう捉えていたのだろうか。

「例えば(吉田)麻也がいて、あの3失点目でどういう対応をしていたかは分からないですけど、これまで麻也が中心でディフェンスラインをまとめていたし……。彼がいないなかで3点取られたというのは、結果的に良くないですよね。センターバックのふたり(昌子源と槙野智章)も頑張っていましたけど、やっぱり3失点するというのは僕を含めてダメなのかなと。GKの東口もそうだし、評価されないでしょうね」

 結局は吉田がいないと守れないのか、そういう印象を残した試合であったことは間違いないだろう。

取材・文:白鳥和洋(サッカーダイジェスト編集部)

【日本代表PHOTO】倉田秋、杉本健勇の大阪コンビがゴール!香川が最後に意地の一発