日本橋高島屋S.C.

写真拡大

 高島屋が10月10日、百貨店を核とした大型の都市型ショッピングセンター「日本橋高島屋S.C.(日本橋郄島屋ショッピングセンター)」を2018年9月に開業することを発表した。
 「日本橋高島屋S.C.」は、百貨店建築では日本初の重要文化財でもある日本橋郄島屋を本館とし、本館に隣接する新館(地下1階〜7階)、2018年春に先行開業する昭和通り側の東館(4〜5 階)、2015年に開業した「ウオッチメゾン」の4館で構成される。売場面積は4館合わせて約6万6,000平方メートル。本館と新館、本館と東館はそれぞれ2本の連絡ブリッジおよび地下道で接続する。
 全体コンセプトは「美しい暮らしスタイルを発信する店」。本館と新館の間にある区道284号線は歩行者専用道路となり、道路上空には「大屋根」を設置しガレリア空間が誕生する。また、本館屋上と新館、東館の基壇部屋上を合わせ、約6,000平方メートルの都内最大級となる屋上庭園「日本橋グリーンテラス」を設置する。