チームの戦いぶりを、吉田はベンチから歯がゆい想いで見ていたかもしれない。(C)SOCCER DIGEST

写真拡大

[キリンチャレンジカップ2017]日本 3-3 ハイチ/10月10日/日産スタジアム
 
 最後の最後に追いついたが、チームはまさかの3失点でドロー決着。この日は出場のなかった吉田麻也は、チームの戦いぶりと結果をどう見たか。
 
「多くの選手が力を出し切れずに、不完全燃焼だという気持ちであるのは、間違いないと思います」
 
 格下相手に勝ち切れなかっただけに、いくつもの問題点が見えたはずだが……。
 
「得点をした後に、失点することが多い。本当に、小さなことの積み重ねですけど、1失点目も、最初のところで潰しておけば良かったというところからやられているし、崩されたというより、小さなミスの積み重ねが、大きな損失になってしまっていると思います。
 
 細かいところのワンプレー、たとえばセカンドボールを拾うとか、最初のカウンターの芽を摘むとか、取った後のボールをつなぐとか、そういうところの小さいミスの重なりが、相手に流れを持っていかれる原因になる。
 
 2点目を取られた後もミスが目立って、相手に主導権を渡してしまうようなプレーが、少し多かったと思います」
 
 吉田不在のハリルジャパンの現実。不動のDFリーダーは、歯がゆい想いで仲間たちの奮闘を見ていたのかもしれない。
 
取材・文:広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)

【PHOTO】日本×ハイチ戦の美女サポーターたち❤