【詳細】他の写真はこちら

トヨタいわく「VANの積載性能とSUVの力強いデザインの融合」なんですって!

アクティブな遊びのシーンで、広い荷室がなにかと活躍するワゴン車や、その商用向け車両のいわゆる「バン」タイプのクルマたち。そんなバンだってアウトドア向けなSUV仕立てにしたら、もっと便利かつかっこよく使えるはずですよね。ということでトヨタは、そんなアイデアを形にしたようなクロスオーバーのコンセプトカー『Tj CRUISER(ティ・ジェイ・クルーザー)』を初公開しました。

2017年10月25日〜11月5日に東京ビッグサイトで開催される東京モーターショーでは、『Tj CRUISER』の実車両が披露されるそうですよ。

遊ぶために生まれたようなデザイン





『Tj CRUISER』のセールスポイントは、なんといってもその多目的なシートデザインと積載能力。後部座席から助手席までのシートをフラットに倒せるので、ロングサーフボードや自転車など約3メートルまでの長さの荷物を積載できるんだとか。また大開口スライドドアを採用し、大きな荷物の出し入れも楽々です。



このスペースに寝袋を敷いたり、あるいは畳風のパネルを敷き詰めてくつろぎの空間にしたり……ユーザーの思うがままに利用できます。

無骨な運転席周りがたまりません





運転席や助手席、インストルメントパネルは飾り気のない、実用重視な方向性。あれこれ荷物を積み込んで遊ぶ車両としては、こちらの方が好印象ですね。また座席シートの裏側やデッキボードには固縛ポイントが複数設けられ、荷物のサイズにかかわらず安心して運搬できそうです。

タフさを感じさせるスタイリング





SUVタイプの車両ということで、大口径タイヤを装着している『Tj CRUISER』。車高も一般の乗用車や商用車よりは高くなっているようで、河原近くやキャンプ場などの不整地にも気兼ねなく乗り込めそう。なお車両の基本構成としては次世代の「TNGAプラットフォーム」を採用し、ユニットには2Lクラスのエンジンとハイブリッドシステム、駆動方式は前輪駆動及び4輪駆動が想定されているようです。

文/塚本直樹

関連サイト



『Tj CRUISER』情報サイト