文在寅(ムン・ジェイン)政権は7月末、経済政策方向を発表し、今年の経済成長見通しを3.0%に上方修正した(イメージ)=(聯合ニュース)

写真拡大

【世宗聯合ニュース】国際通貨基金(IMF)は10日に公表した最新の世界経済見通しで、今年と来年の韓国の国内総生産(GDP)の成長率見通しをそれぞれ3.0%とした。

 4月に発表された今年の成長率見通しは2.7%、来年の成長率見通しは2.8%で、それぞれ上方修正された。

 今年の成長率見通しは韓国政府の予想と同水準で、韓国銀行(中央銀行)は2.8%、政府系シンクタンクの韓国開発研究院(KDI)は2.6%としている。韓国政府は来年の成長率見通しもIMFと同水準の3.0%を示している。

 一方、IMFは日本の今年の成長率見通しを1.5%、来年の成長率見通しを0.7%とした。7月に発表した数値より、それぞれ0.2ポイントと0.1ポイント上方修正した。