画像提供:マイナビニュース

写真拡大

ファーウェイ・ジャパンは10月10日、3Dカーブのガラスボディを採用する、5.15型フルHD画面搭載のSIMフリースマートフォン「honor 9(オーナーナイン)」を発表した。発売は10月12日。市場想定価格は53,800円(税別)。

honor 9の細かなスペックについては、別記事『ファーウェイ、2レンズカメラ搭載で5型フルHDのSIMフリースマホ「honor 9」』を参照していただくとして、ここでは10月10日に開催された発表会の様子とhonor 9の新機能について写真を中心に紹介する。

なお、前モデルのhonor 8を始め、honor 6 Plusなど、従来のhonorシリーズは国内では楽天モバイルの独占販売端末だったが、honor 9からは楽天モバイルのほか、IIJmio、イオンモバイル、NTTコムストアが販売する。また、楽天モバイルでは、ミッドナイトブラックを限定カラーとして取り扱う。

冒頭、壇上に昇ったファーウェイ・ジャパンの呉波副社長は、honorブランドをワールドワイドで展開し、各国で受け入れられていることや妥協のない徹底したモノづくりの姿勢について言及。

新製品のhonor 9を胸から取り出すと、3D曲面ガラス採用による鏡面の輝きと持ちやすさを両立した工芸品のような外観に触れ、「honor 9はアクティブに動く若者をターゲットにしており、若者の感性を取り入れて完成させた、これまでで一番美しいスマートフォンの1つだ。スマート業界のファッションリードになることを期待している」と結んだ。

続いてプレゼンターの清水啓介氏が登壇。honor 9の特徴であるデザインの美しさ、操作性の高さやカメラ性能、CPU性能、サウンド性能など、前モデルである「honor 8」や6月に登場した「P10シリーズ」との違いにも触れながら紹介した。