日本代表のDF長友佑都【写真:Getty Images】

写真拡大

 10日、キリンチャレンジカップの日本代表対ハイチ代表の一戦をが行われた。

 前半早々に2点を奪うも前半に1点を返された日本代表は、普段は見られない低調なパフォーマンスに終始。後半には2点を返され逆転されるも、後半終了間際のMF香川真司のゴールでなんとか3-3の同点とした。

 この日、先制点をアシストしたDF長友佑都は、試合を引き分けに持ち込むことができたものの「勝ちたかった」と本音を語り、これからの課題についてコメントを残した。

 「まだまだ最後の部分、精度の部分が足りないなっていうのは感じましたし。僕も含めてまだまだ課題が多く残る試合だったんじゃないかなと感じました」

 その一方で、MF倉田秋やFW杉本健勇などこの試合で出番を与えられた選手が結果を残した試合でもあった今回のハイチ戦。それについて長友は「得点を決めた選手もそうですし、気持ちを見せられた選手もいると思う」とポジティブな点を挙げつつも「ただもっともっと多くの選手がアピールしなければならない」と続け、チームの底上げの重要性を強調した。

text by 編集部