悔しさ残るドロー決着…主将を務めた長友佑都「課題が残る試合だった」

写真拡大

 日本代表は10日、キリンチャレンジカップ2017でハイチ代表と対戦した。倉田秋と杉本健勇のゴールで2点を先行した日本は、一時逆転されてしまうが、終了間際に香川真司が同点弾を決め3−3のドローに持ち込んだ。

 この試合でキャプテンマークを巻いた長友佑都は、「なかなか厳しい試合でしたけど、最終的に引き分けに持ち込めて良かったとは言えないですけどね。勝ちたかったというのが正直なところです」とコメント。続けて「まだまだ最後の精度は足りないなと思いましたし、それは前半の僕も含めて課題が残る試合だった」と総括した。

 その中での収穫について問われると「得点を決めた選手、気持ちを見せられた選手はいると思いますけど、もっともっと多くの選手がアピールしないといけない」とさらなる競争を促した。