PHOTO NAOKI / PIXTA

トイレの収納スペースって、なかなか確保しにくいですよね。

だからこそ、トイレ内の「上の空間」に目を向けてみました。

ここなら、子どもも手が届きませんし、安心してトイレ関連の物を収納できます。

今回は、トイレの上の空間を使った収納法をご紹介します。

■トイレの上に収納って、どういうこと?

物をしまおうとするとき、トイレに収納スペースがないと、どうしても下に目がいってしまいがちです。

しかし、棚を置いたりすると、やっぱり狭くなりますし、スッキリ感がなくなりますよね。

そんな時は、上を見上げてください!

ほら、空間がありますよ。そこに収納スペースを作るのです。

メインで使うのは、ホームセンターなどで売られている「伸縮棚」です。

これを設置すれば壁に穴を空けることなく棚が出来上がります。

「伸縮棚」は、さまざまなタイプが売られていますが、物が下に落下しにくい格子タイプがオススメです。

■材料は「伸縮棚」など、ホームセンターや100均で買えるものばかり!

用意するのは、以下になります。

伸縮棚収納用かご(必要な分)仕切り(今回はダイソーの「カタログ・メニュースタンド」を使いました)

どれもホームセンターや100円ショップで揃うものばかりです。

伸縮棚の設置は、「手が届く高い場所」をきちんと決めてやりましょう。

場所が決まったら、しっかり固定し、上下左右にズレが生じていないか確認をしましょう

こちらに物を置くと、このようになります。

確認しないで物を乗せると、落ちてくることがありますので注意してください!

■トイレまわりに関するものは、すべて収納できる!

ここには、トイレまわりのものが収納できます。

ふたカバーやマット類だけでなく、トイレットペーパーやトイレ掃除用の洗剤ストック、サニタリー用品などトイレに関係するものを「かご」を使って収納していきます。

そうすれば、かごに入らない分を買い置きするというムダがなくなります。

また、今まで置き場所にしていた場所が空いて一石二鳥です。

筆者宅はほこりが溜まっても掃除しやすいプラスチック製のかご(ダイソーの200円かご)を使っています。

洗剤類をかごに入れるときは、仕切り板をしておくと、ごちゃごちゃになってしまわず、きちっと分けて見やすくなります。

設置したら、かごを乗せていきましょう。すると、このような感じになります。

まとまりがあって、見た目もそれほど悪くありません。

いかがでしたか。

トイレの床に収納するスペースは、ほとんどありませんよね。

目線を上に上げて収納をすればすっきりしますし、必要な物が見やすく取り出しやすくなるので、ムダな動きがなくなってストレスを感じなくなるでしょう。

それに掃除用品も手近にあるので、気づいた時に掃除ができるようになります。ぜひ、試してみてください。