9日、急に上映延期が発表され、中越戦争を描いたことが理由ではないかと疑われているフォン・シャオガン監督の映画「芳華」だが、来月開催のアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議がもともとの原因だと報じられている。

写真拡大

2017年10月9日、急に上映延期が発表され、中越戦争を描いたことが理由ではないかと疑われているフォン・シャオガン(馮小剛)監督の映画「芳華」だが、来月開催のアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議がもともとの原因だと報じられている。聯合報が伝えた。

【その他の写真】

北海道観光ブームを生んだ「狙った恋の落とし方。」をはじめ、数々のヒット作で知られるフォン・シャオガン監督の最新作「芳華」は、中国で先月29日から公開予定だったが、その5日前にいきなり延期が発表された。「芳華」は1970〜80年代を舞台に、共産党傘下の芸術団に所属する団員たちの青春、運命に翻弄(ほんろう)される様子を追う作品で、これまで描かれることが少なかった中越戦争を取り上げている。

香港の情報誌「亞洲週刊」はこのほど、APEC首脳会議が来月ベトナムで開催されることが、上映延期となった大きな理由ではないかと報道。中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席がこの会議に出席するほか、続いて米国のトランプ大統領が訪中予定となっており、この大事な時期に中越戦争を描く作品の上映は避けた方がいいと判断されたと伝えている。

中越戦争は1979年2〜3月に発生し、中越国境はその後10年にわたって緊張状態が続いた。この戦いの戦死者には当時、1人当たり500元が支給されたが、農村部で牛1頭の値段にも満たない金額だったという。さらに従軍した退役軍人がここ数年、退役後の待遇に不満を訴える事例も頻発している。(翻訳・編集/Mathilda)