J1残留目指す広島に痛手、森崎和幸が右ひざ負傷で全治3週間の離脱

写真拡大

 サンフレッチェ広島は10日、MF森崎和幸が右ひざ内側側副じん帯損傷で全治約3週間と診断されたことを発表した。同選手は7日のトレーニングで負傷し、10日に広島県内の病院で検査を受けた。

 森崎は1981年生まれの36歳。広島の下部組織出身で、トップチーム昇格後も同クラブ一筋でプレーを続けている。今季は明治安田生命J1リーグ第28節終了時点で9試合に出場。第26節、第27節と2試合連続で終盤に途中出場を果たしていた。

 広島は明治安田生命J1リーグ第28節を終えて、6勝9分け13敗の勝ち点「27」で15位。残留争いを強いられ、残り6試合となっている。次節は14日、鹿島アントラーズとのアウェイゲームを控えている。