スペイン代表のMFイスコ【写真:Getty Images】

写真拡大

 現地時間9日に行われたロシアW杯欧州予選のイスラエル対スペインの試合終了後、スペイン代表MFイスコが危険な目にさらされていた。スペイン紙『マルカ』が伝えた。

 この日MFアシエル・イジャラメンディのゴールにより0-1で勝利を収めたスペイン代表だったが、試合後思わぬアクシデントであわや貴重な選手を失う羽目となっていた。

 同紙によると、試合後ピッチに乱入した6人の若者のうち、イスコに近づいていった者がナイフを所持していたことが発覚し、すぐさま警備隊によって取り押さえられたようだ。

 しかしこれに対し、イスラエルサッカー協会の側は青年がナイフを持っていたという事実を否定している。同協会のスポークスマンは「我々が持っているすべての情報から判断して、ピッチの中に入っていった者の中に誰かナイフを持っている者がいたという証言をする人もその証拠もない。その知らせがどこから出てきたのかもわからない」とコメントしている。

 さらに同紙は、若者にナイフを使う意図がはなかったが、ポケットにナイフを忍ばせていたとも伝えている。

text by 編集部