倉田の2戦連続弾、杉本の代表初ゴールで日本が前半2-1リード W杯への“サバイバル”は後半へ

写真拡大

2点を先行もワンチャンスを生かされハイチに失点許す

 ロシア・ワールドカップ本大会の日本代表メンバー入りを懸けたサバイバルとなった10日の国際親善試合ハイチ戦は、MF倉田秋(ガンバ大阪)の代表2戦連続ゴールと、FW杉本健勇(セレッソ大阪)の初先発初ゴールで日本が2点をリードしたが、ハイチに1点を返され2-1で前半を終えた。

 前半7分、敵陣でボールを奪った日本は左サイドに素早く展開。ゴールライン際まで切り込んだDF長友佑都(インテル)のクロスを倉田が頭で合わせ先制ゴール。倉田は6日のニュージーランド戦に続く2戦連続ゴールとなった。

 同17分には敵陣に入ってのワンタッチパスの連続でスピードアップした日本が、杉本のラストパスに抜け出した倉田がGKと1対1となるビッグチャンスが到来。倉田のシュートは飛び出してきたGKにセーブされたが、こぼれ球を杉本が押し込んで追加点。杉本は代表3キャップ目での初スタメン初ゴールを記録した。

 しかし日本は同28分、ハイチの自陣ゴール前からの縦パスを受けたFWナゾンへの縦パスにDF昌子源(鹿島)が寄せ切れず、トラップ際を狙ったMF遠藤航(浦和)もかわされて右サイドへの長いドリブルを許した。ナゾンは右45度付近からゴール前へスルーパスを出すと、戻った昌子とDF酒井高徳(ハンブルガーSV)の間でMFラフランスにボールを受けられ、GK東口順昭(ガンバ大阪)との1対1を決められて失点。2-1とリードは1点に縮まった。

 日本はハイチに対して立ち上がりからゲームを制圧して攻撃回数を増やし2点を先行。守備に回る局面は少なかったが、ワンチャンスを決められる形での失点により1点のリードでハーフタイムに突入した。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images