秋が旬の美味しい食べ物が、店頭にたくさん並ぶようになりました。栄養価の高いイチジクも秋が旬であり、ぜひこの時期にたくさん食べておきたい果物です。便秘に効き美肌効果もバツグン、女性におすすめのイチジクです。

イチジクには花がない?

イチジクはアラビア南部を原産地とする、クワ科イチジク属の果物です。イチジクは漢字で「無花果」と書かれるため、「花が無い果物」と勘違いされることもあります。でもこれはイチジクの外見上そう見えるだけで、実際にはちゃんと花があります。イチジクは一般の植物とは異なり、実の中に花が咲く仕組みとなっているのです。イチジクの果肉に見られるツブツブとしたものが花であり、噛むとプチプチとした独特な食感があります。

女性に嬉しいイチジクの効能とは

不老長寿の果物とも言われるイチジクは、食物繊維やポリフェノール、ビタミン、ミネラルなどを豊富に含んでいます。またイチジクにはフィシンと呼ばれる酵素も含まれています。フィシンにはタンパク質を分解する作用があり、肉などと一緒に食べるとタンパク質の分解を進め、消化を助ける働きがあります。このことからフィシンは胃の負担を減らし、胃の健康を維持する成分として知られています。フィシンの他にもイチジクはアミラーゼやリパーゼといった消化酵素も含んでおり、糖質や脂質の分解・消化を助ける働きもあります。

イチジクには食物繊維の一種であるペクチン(ペクチンとはどんな成分?)も豊富です。コレステロール値を下げ、血糖値の上昇を抑える作用、また腸の乳酸菌を増やし便秘の解消を促す効果もあり、成人病が気になる現代人にぴったりの果物といえます。それからポリフェノールの一種であるアントシアニン(アントシアニンとはどんな成分?)も含まれており、その強い抗酸化作用でアンチエイジングや美肌効果、また目の網膜に働きかけて眼精疲労を改善する効果があります。まさに忙しい女性の強い味方となる自然の美容サプリ、イチジクなのです。

生でもドライでも美味しいイチジク

夏から秋にかけて旬であるイチジクは、ぜひこの時期にたくさん食べておきたい果物です。甘酸っぱいイチジクはそのまま食べる以外にも、 ヨーグルトに入れたり、あるいはジャムを作ったりケーキの材料にしたりと、色々とアレンジできます。旬の時期を過ぎてイチジクが手に入りにくい時は、ドライイチジクがおすすめです。他のドライフルーツ同様に、ドライイチジクには美味しさと栄養がグッと凝縮されており、生のイチジクと比べると約5倍の食物繊維を含んでいるとも言われます。健康と美容のため、ぜひ旬の時期にイチジクを味わっておきましょう。


writer:Akina